シネマね!~剣とナゴヤがB級ホラー~p8


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。





「どーこーいってたんだこのどたわけぇぇぇっ!!」
「ほ、ほっぺた、ちぎれる、ちひれるぅぅぅっ!!」
 少し落ち着いた後、大樹は葵を折檻していた。



「停電起きたときに探したのよ! 取調室にも居ないし!
 あいつらと戦って怪我でもしたんじゃないかって心配したのよ!」
「えへへ、心配してくれたんだー」
「ニヤニヤすんなうつけがぁぁぁぁ!!」
「むぐぅッ!! 鼻、もげる、もへるぅぅーっ!!」


「……ったく。ホントなにやってたのよ」
「うーんと……」
 大樹が捜索していた間、葵が何をやっていたかはすぐにわかった。
 葵は先の女子トイレに戻りたいと言い出し、しぶしぶそうしてやる。
 入り口に脱出時には気が付かなかった荷物が置いてあった。
 大樹のスポーツバックだった。
 名古屋駅で放置して以降、しばらくぶりだ。


 そういえば押収したって刑事さんが言ってたっけ。

「……これ探してたの?」
「うん。名駅で逃げたときからずっと気になってたから。
 ほら、置いて来ちゃったの半分私のせいだし。
 大事なものが入ってたら大変かなって思って……」
「お前なぁ……。
 荷物と安全とどっちが優先かもわからないの?」
「うぅ……。くすん、ごめんなさい」
 大樹はスポーツバックを背負った。



「……──でもまあ、お礼言う」



「ふぇ?」
 中からういろうを取り出して口に含む。
 念願のういろうだ。
 葵がバックを取り戻してくれなかったら、もうしばらくは食べられなかっただろう。




「〝ありがと〟」




「……、おぉー」
「なによ、おーって」
「大樹ちゃんがちゃんとお礼を言った。
 はじめてかも」
「そ、そうだっけ?」
 そういえばそうかもしれない。
 葵には何度も感謝はしているが、言葉にしたことはなかった。
 意地っ張りだからなぁ。
 少し反省していると、頭に葵の手の平が伸びてきた。
「えへへー、大樹ちゃん、ちょっと成長したね」
 っと、よしよしをされる。
「やだ、もー……葵ったら──、」
 大樹は頬を染め、恥ずかしそうに葵の頭を鷲掴みした。



「なーんーでーお前が上から目線なんだナメてんのかうつけがああああ!!」
「眼はダメ、お願い眼だけは許してぇぇぇぇぇぇぇッ!!
 ──ギャッ!! ギャァァァァァァァァァァァ!!」


P7←P8→P9