シネマね!~剣とナゴヤがB級ホラー~p6


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

§2章 十三日の金曜日は28日後・・・(ウソ)


 人違いではなかったのだ。
 彼はやはり、名駅で襲撃されたときに現場にいた男だ。



 ──一体何者なんだ……?



 取調室に一人残され、大樹はううんと唸る。
 外では銃声や怒声が交錯して、騒乱状態になってた。
 そしてぱちんっと電灯が光を失う。

 映画の通りならブレーカーをぶち壊されたあたりか。
 ……考えるのは後だ。襲撃してきたのが彼女なら、再び自分を狙ってくるはず。
 自分の身を護らなくては……っ。

「まずはあいつと合流しなくちゃな」


 状況を確認する。
 葵は三つほど隣の取調室に拘留されたはずだから、合流は難しくないだろう。
 それよりもどうやって外に出るかだ。
 ここは六階か七階だから、窓からの脱出は不可能に近い。
 階段は西側と東側、それから年代モノのエレベーターが一機あったが……、
 エレベーターは停電しているから使えなくなってるか。
 それなら二択のルートから選び、敵と鉢合わせないように祈りながら降りるしかない。


「よしっ」


 意を決して、暗闇の中、廊下へ飛び出した。
 真っ先に葵の連れて行かれた部屋へと駆け込む。
 そして大樹を待っていた葵を、


 ──さぁ、困った。


 葵は居なかった。部屋はもぬけの殻だったのだ。
「あいつ、どこいったのよ……っ」
 他の部屋に入る。
 事務室だった。
 当然葵は居ない。


「葵ぃーっ! どこーっ!?」


 呼んでも叫んでも葵の姿は見当たらなかった。

 このフロアには居ないのだろうか?
 だとすればかなりやっかいな話だぞ。
 捜索と逃走を同時にこなさなくてはならない。
 それに、あまり大声を出すこともできない。
 敵に位置を知らせるようなものだし、警察だって味方ではないのだ。


 どうする……っ!?


「──どうするって、一人で逃げるわけには行かないでしょ!」
 大樹は迷いを振り払うように声に出し、走り出した。
「あおいぃーっ!! どこなのっ!? 返事してッ!!」
 叫びながら、あてもなく走る。
 危険な行為だが今は葵の安否が先決だ。






 ふと気が付くと、銃撃戦の怒声が聞こえなくなっていた。




「刑事さんたち、やられちゃったのかな……」
 映画ではよくあるシーンだが、現実になるとぞっとしてくる。
 騒音がなくなった分、少し慎重になる必要があるか。
 大樹がそう判断したとき、


 ──ガランガランッ!!


 ドラム缶かなにか、鉄製の物音が廊下に響き渡った。


 すぐ隣の部屋だ。
 葵なのか……?
 葵ならもっと早く返事をしているはず。
 いいや、万が一、先に相手に挑んで負傷したのだとしたら?
 ──確かめる必要がある。



 大樹は戸をゆっくり開放し、中に進入した。
「葵……居るの?」
 最初の階にあった事務室とそっくりな部屋だったが、それ以外は真っ暗で状況がわからない。
 気丈な大樹も少し不安になってきた。
「葵、おねがい、居るなら返事してっ」
 絞った声で呼びかけながらおっかなびっくり先に進む。
 部屋の少し奥でいくつかのロッカーが転倒し、瓦礫状態になっているのが伺えた。
 音の原因はこれらしい――ガシャンッ!


 突然背後で何かが倒れた。

 心臓が跳ね上がる。

 振り返ると、
「にゃぉん」
「……なんだ、猫か。びっくりさせないでよ」














 ※なんだ、ねこか【何だ、猫か】
  ──フィクションにおいて主にトラブルが発生する直前に使われる台詞。
    惨劇の予兆を見逃す行為。俗に、死亡フラグと呼ばれる事象の類。
    例文:『~脅かすなよ。……ぎやぁぁぁ!!』












「うっわ、やっべ。やっちまった。
 言っちゃうもんなんだなぁ」

 ばこぉぉぉぉぉーんっ!!

 瓦礫ロッカーから何かが飛び出す。
 ホッケーマスクを被った怪人だ!
「ぎゃーっ! やっぱりなんかいたぁ!!
 てか警察署内で『何だ、猫か』は不自然すぎるだろッ!!」
 よくよく考えてセルフでツッコミ。
 それはさておき、怪人は大樹に向かって血糊の付いた鉈を振りかざした。
 大樹はわぁやと悲鳴を上げて逃げ出す。
 怪人は背後から盛大な物音を立てて大樹を追跡してきた。



P5←P6→P7