ショーン・コラージと二人の少女p8


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

§エピローグ:祈り



「しかし、クローバーはどうしてあの時君に変わってしまったのだろう。
 もう少し話がしたかったのにな」
 下山をしながら、ジムはシャーレに問いかけた。
「あら、ジム。わからないのかしら?」
「君は知っているんだね。教えてくれないか」
「それはできないわ。彼女に失礼ですもの」
 シャーレはご機嫌な様子で、ステップを踏むように先へ行ってしまった。
 ジムはうぅんと唸り、首を傾げた。そこにショーンが割ってはいる。
「野暮とは思うが、今ひとつ至らない君に、僕の男性としての推測を披露しよう」
「浮いた話の一つもない、ショーン=コラージがかい? 参考ぐらいになればいいけどね」
「認知の足らない君よりマシだろう。……彼女はね、それは愛らしいことに、君に泣き顔を見られたくは無かったのさ」
 ジムはせせら笑った。
「まさか。泣くような事はなにもないじゃないか」
 するとショーンは意外そうな顔で、ジムにこう返した。
「先ほどはああまで言える男と感心したが、ひょっとすると、君は自分の言葉の責任についてどこかまだわかっていないらしいね」
「恐ろしい事を言わないでくれショーン。ちゃんと理解しているつもりだ。
 ……わからないと言えば、思い出したぞ。
 君はカフェで何かを言いそびれていたね。一体何を言おうとしていたんだい?」
「ああ、そのことか。結果から見て、君たちにはどちらでもいい推理だったよ。
 これは僕の胸に閉まっておくとする」
「君まで隠し事かい? 勘弁してほしいな」
「さてね。まあせいぜい悩みたまえ」
 そうおどけると、ショーンもまた訝るジムを置いて先に進んだ。



「シャーレが呪われてクローバーが生まれたのか、クローバーが呪われてシャーレが生まれたのか」
 二人の少女と一人の少年の狭間で、ショーンは空に向かって呟く。
「……君たちがそんなことに悩む日が来ないよう、今ばかりは僕も神に祈らざるを得ないな」

P8 TOP