※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

人狼内で使われる用語集など

CO

カミングアウト、自分の就いている役職を公開すること。
「占いCOします」「霊媒COします」など。騙る場合も同様。
騙りの可能性もあるので、COしたからといって信じすぎるのは禁物。

騙り

その役職に就いていないのに役職のCOを行うこと。主に狂人、人狼、たまに妖狐が行う。
狂人が狂人であることを隠して「占いCOします」、
人狼が人狼であることを隠して「霊媒COします」など。
「占い騙ります」などというと「ウソついてまーす」と言ってるようなものなので無意味。
村人が騙りを行うことは禁止されていないが、村を混乱させるだけなので歓迎されない。

スライド

最初にCOした役職を撤回し別の役職をCOすること。「占いCOします→霊媒COします」など。
共有者が騙りや真役職を引きだすために占い→共有スライドをするなどというテクニックもあるが、
大半はかなりの博打。

騙りの反対、ホンモノの役職の人のこと。例えば占いCOが2つあった場合【真狂】などと言われる。
騙りは大概人外によって行われるため真贋の判断は重要だが、
なかなか尻尾を掴めずうやむやになることも多い。

潜伏

役職を持った人がCOせずに村人として振る舞うこと。人狼、妖狐は潜伏することも多い。
霊媒師は黒判定が出るまで、狩人は最後までCOしないほうがいいなどセオリーもあるが、その限りではない。
反対に占い師の潜伏はあまり好まれないが、やはりその限りではない。

FO

フルオープン、役職を持った人が名乗り出て人狼を追い詰める手法。狂人、人狼はFOしないことが多い。
意図して行われる方法は共有者が全て名乗りでる共有FO。その他、進行的に偶然FO状況になることもある。

吊り、噛み

吊りは処刑のこと、噛みは人狼による捕食のこと。
吊りは例外なく行われるが、噛みは場合によって発生しないこともある。
D鯖MoE人狼は引き分けでも吊りがあるので吊りなし、引き分けはありません。

グレラン

占い師によって白判定も黒判定もされていない村人をランダムに選択して処刑すること。グレーランダム。
主に初日の吊り選択で行われる事が多い。ランダムといっても実際は人狼による組織票があり、
初日からグレランで人狼が吊れることは少ないため、出来るだけ相談によって吊り対象を選定することが望ましい。

ステルス

あまり喋らない人、或いは同意しているだけに見える人。潜伏とは違う。
人狼や妖狐などはボロを出すまいと黙りがちになる…というセオリーから、吊り対象に選ばれることも多い。
が、実際は初心者が何を喋っていいのかわからず黙ってしまうことや、
流れが早すぎてついていけない人などもいるので、ステルス=人外とは限らない。

ステラン

ステルスランダム、ステルスの人からランダムで選択して処刑すること。
やること自体はグレランと大差ない。ステルスの人はこういったこともあり黙っているだけ損なので、
初めての人でも積極的に喋る事が重要。

ローラー

対象となる人達を1日に一人ずつ処刑していく手法。役職ローラーとグレーローラーがある。
「霊ローラーしよう」「狩ローラーしよう」など。
ローラーは完遂されることが望ましいと言われているが、その限りではない。
グレーローラーは軸が立たなくなってしまった村の最終手段。

白、黒

白は村人、黒は人狼のこと。狂人、妖狐は白判定をうける。

確定白、確定黒、グレー

確定白とは
  1. 真扱いを受けた占い師から白判定を出された、或いは複数の占い師から白判定を出された村人
  2. 相方確認が済んだ共有者
  3. 噛まれた村人
以上のいずれかに該当する村人のこと。確定黒とは真占い、真霊媒に黒判定を出された人狼をいう。
確定白に比べて確定黒が話題に登ることはあまり多くない。
グレーとは占い師に占われておらず村人か人狼かわからない人のことで、大半はこの扱いをうけることになる。
グレーが多いとそれだけ不安材料が増えるので、白にしろ黒にしろ確定させていきグレーを減らすのも重要。
なお、真贋確定していない占い師から白黒判定された人の事を「暫定白、暫定黒」と呼ぶ。

パンダ(ゼブラ)

占い師から、或いは霊媒師から白黒判定両方を出された人のこと。
人狼原語ではパンダと呼ぶが、MoEではパンデモスのことも指すのでゼブラを呼ばれることがある(発祥はE鯖MoE人狼様)
霊媒ゼブラの場合は既に死んだ人だが、人狼が吊れたかわからず不安材料が増す。
ゼブラ判定が出た場合は役職の真贋が大事になってくる。

囲い

騙り占い師が人狼に白判定を出すこと。この時人狼は「囲われている」といわれる。
その他、人狼側が占いの真贋を判定することもできる(人狼なのに白判定を出す占い師で、人狼chにいなかったらその占い師は狂人)。
囲った占い師を真視してしまうと負ける確率が高くなるため真贋判定が重要になるが、真占いが信じて貰えないことも多い。

SG

スケープゴート、人狼によって人狼に仕立て上げられている村人のこと。
あまり目にする機会はないが、村人は自身が村人と証明できる術を持たないため状況次第では覆せないことがある。

LW

ラストウルフ、最後に残った人狼のこと。【狼村村】のような状況で、人狼を吊れなければ村の負けが確定する時などによく登場する。
また、【狼狐村村村】のような状況で先に人狼を吊ってしまうと妖狐の勝利が確定してしまう。

PP

パワープレイ。【狼狼狂村村】というような状況で狂人と人狼がそれぞれCOすることにより票合わせを行い、勝負を強引に決着させること。
この状況になるためには人狼が狂人を、狂人が人狼を把握している必要があるため中々発生しない。

人外

人狼、狂人、妖狐のこと。人間ではないので人外。

吊り指定を行う人のこと。共有なしであれば占いが、共有ありであれば共有がやることが多い。
最終的な意思決定を担当する人だが、任せきりは責任が重いので皆と相談して決めよう。

ライン

占い結果と霊媒結果が一緒になるなど、ふたつの役職が互いに真であることが証明できるようなこと。
占い結果と霊媒結果が一緒になることを「ラインが繋がる」ともいう。
真-真でラインが繋がることもあれば、真-贋で繋がることもあり、贋-贋で繋がってしまうこともある。

共有トラップ

共有の相方を伏せておき、騙りが相方に黒判定を出した時に登場させ、騙りを特定させてしまう手法。
騙りは大概人外が行っている事が多いため騙りを看破できるのは魅力だが、あまり成功した例をみない。
騙りが仕事をする前に吊られそうになったり噛まれることも多々あるため、対応は臨機応変に。

噛みあわせ

占い先と捕食先が被ること。これの発生を抑制するために、
昼時間中の占い先の決定はしないほうがよいとされている。

呪いの人形

GMHenliettaが所属しているFS「EEE」のマスター「く○○り」のこと。
会場真ん中で寝落ちしていたことがあり、FS内から「彼は呪いの人形だ」と言われた事に端を発する。
たまに参加せずにぞんび村のログをとってくれたりする気前のよい漢。




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー