|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

ドージン・ワーク 第07話

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


ドージン・ワーク

 

こちらの同人誌を製作する過程の日記です。



≪BACK 【ドージン・ワーク第06話】   ▲【ドージン・ワーク】  【ドージン・ワーク第08話】 NEXT≫


 

 

 

[07.08.21]

 

 

 

 

第07話「夏厨は夏休みしか生きない」

 

 

 

 

 

いや~、10日も間が空きましたね、どうも~

 

 

 

 

 

もしかしたら、やっぱり中止になったんだーなんて思ってませんでしたか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分は思っていました。

 

 

 

 

 

 

もう、gemaに連絡つかないし、バックレたのかな~と

 

 

 

 

 

 

 

 

えっとですねぇ、一体どういう状況だったか説明しますね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8/1に合宿があって顔を合わせたのはその日が最後

 

 

 

 

 

カラオケに行って、そのまま解散したんですよ。

 

 

 

 

それで、8/4ぐらいにgemaに他用があってスカイプ見たら、いない。

 

 

 

 

 

 

まぁ、スカイプなんて言わなきゃ入らないような奴でしたからね

 

 

 

 

 

とりあえずメールを。でも急いでいたんで、やっぱり電話を

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、留守番電話サービスセンターです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つながらない……

 

 

 

 

 

 

 

 

この頃からいやな予感がしていたんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

どうしてもの用だったので、家の電話にかけることに

 

 

 

 

 

 

 

でも、番号を知らなかったので、友人に聞くところから始まりました。

 

 

 

 

 

 

 

知ってそうな人が2人しかいなかったので、

とりあえずメールして返信を待ちました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

して、30分ぐらい待って一方から返信が来たので礼を言いつつ

 

 

 

 

 

gemaの家に電話をかけたんですね

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、留守番電話サービスセンターです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

家でも出ないなんて相当のものですよね

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえずその日はあきらめて、後日また連絡をとることにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてその後日、やはりスカイプには入っていない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは携帯に電話をしてみた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガチャッ 

 

 

 

 

 

 

つながったっ!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「はい、もしもし…」

 

 

 

 

 

 

(女の声で) 

 

 

 

 

 

 

 

 

真葱「え、ああの、gemaさんの知り合いの方ですか?

 

 

 

 

 

 

女性「いいえ。違いますけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういえば前々から言ってました。

 

 

 

 

 

gema俺、夏休みに携帯変えるわ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼は、いまどきの高校生がめずらしいプリペイドケータイ

 

 

 

 

使っていたので、なにぶん不便だったみたいなんです。

 

 

 

 

 

 

ポイントを補充しなかったら、ただのガラクタですからねぇ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまるところ…?

 

 

 

 

 

 

 

携帯を変えて、その番号を自分には教えず

 

 

 

 

 

その他諸々自分からの連絡をバックレた…? 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同人誌計画を放棄…? 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、ヤバイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

gemaがいなかったら、到底完成は出来ないのです。

 

 

 

 

 

 

 

あー、やはり、夏厨は夏中に散ったか…と。

 

 

 

 

 

 

 

ということでそれから2週間ばかし、一切彼と連絡が取れなかったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことになったら、誰だってそんな、そう考えると思います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

哀れ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それで、今日は久しぶりに部活があったのですよ

 

 

 

 

 

 

 

とどのつまりgemaに会えるわけですよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、もしかしたら彼は来ないんじゃないか…とまで考えていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それで恐る恐る舞台に上がってみると、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話を訊くと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PC…壊れた

 

 

 

携帯…ポイント切れた

 

 

 

 

 

 

gemaマジでスマン

 

 

 

 

 

 

 

真葱「はぁ~、それで同人誌はどうするのさ」

 

 

 

 

 

 

 

gema「いや、やるよ。」

 

 

 

 

 

 

 

 

真葱「えっ」

 

 

 

 

 

 

gema「取りあえず、表紙だけでも作るから、

お前はそれアップしてつなぎにしとけ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おー

 

 

 

 

 

 

 

 

おおおおおおお

 

 

 

 

 

 

 

 

 

てっきり、中止になったとばかり思っていたので

 

 

 

 

 

まさかの言葉でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

あー、よかった、一応、まだ中止にはなってないみたいです

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず、表紙を、お楽しみにどうぞ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんというツンデレ…

 

 

 

 

 


んじゃそゆことで







≪BACK 【ドージン・ワーク第06話】   ▲【ドージン・ワーク】  【ドージン・ワーク第08話】 NEXT≫

Copyright (C) Moji-LaBO AllRightsReserved.