※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



座標系のお話

一般的な3D制作ソフトと違い、今のところ、MoIにはローカル座標系の定義やワークプレーンを作成する等の機能はありません。
インスピレーションで形をつくってくのに、座標系を定義ってのは後回しになるのかも。いいかわるいかは別にしても、「なけりゃないなりに手が動かせばいいじゃん」と思っとります。

  • 1.XYZの方向

オプション>表示タブの「座標系を表示」にチェックすると「」ビュー左下にXYZ座標系アイコンが表示される.


数値入力ボックス「」の上段の3つの値は、この座標系でのマウスポインター位置のXYZ値を表している.

数値入力する場合は、10Key表示の場合、X値・Y値・Z値をスペースで区切る.


  • 2.XYZナビ.
直交スナップがオン「」で、直線や円・自由曲線の作図中や、移動・押し出しなど方向指示する時、入力指示方向が座標軸に平行時に点線表示でマーカー(XかYかZ)が表示される.
例えば、回転を作成.「
回転軸を図のようにZ軸上に設けたい場合は、点線表示と「Z」マーカが表示されるところで、クリックすればよい



3Dビューで作業できるのは嬉しいことです.

  • 3.斜面での作図.
MoIには、ローカル座標系を作れないので、斜面上や、グリッド上にのらない作図は、ちょっと面倒.(例→作図・その3+シェル化
でも、オブジェクトスナップによる作図も利用できる場合もある.
下図のように斜面サーフェスのど真ん中に円を描く場合.「


中点スナップを利用して、ドラッグ→垂直補助線(点線)を作成.


中点スナップを利用して、ドラッグ→水平補助線(点線)を作成.


交点スナップでを利用して、補助線間の仮想の交点をゲット.


補助線上をスナップして(半径入力可能)円作成.