※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



作図・その2

下の図形を入力します。
ポリラインだけではなく、いろいろなコマンドを利用して入力してみましょう。


  • 1.直交スナップとオブジェクトスナップをオンにします.


※オブジェクトスナップは少なくとも「中点」「中心点」にチェック
オプションのスナップ設定はデフォルトのまま


  • 2.長方形(7.9x4.6)を作成.「

※任意の位置をクリックで指定し、よこ・たてサイズを入力


  • 3.長方形(2.6x1.6)を作成.「

※任意の位置をクリックで指定し、よこ・たてサイズを入力


  • 4.小さい長方形を移動.「

※移動の基点として、小さい長方形の上辺の中点、
※移動先の点として、大きい長方形の上辺の中点をクリック


  • 5.ブール演算の差で、凹形状作成.「

※1つめのオブジェクトとして大きい長方形を選択
「(実行」か右クリックで2つめのオブジェクト選択にうつる)
※2つめのオブジェクトとして小さい長方形を選択


  • 6.フィレットR=1を作成.「

※一度閉図形を選択後、「実行」か右クリックして、フィレットポイントを選択(下図)


  • 7.面取りC=1を作成.「

※一度閉図形を選択後、「実行」か右クリックして、面取りポイントを選択(下図)


  • 8.半径0.5(直径1)の円作成.「

※円の中心位置は、フィレットの中心点位置でスナップ


  • 9.コマンド再実行し、もう片方の円作成.「

※コマンド再実行は、右クリックで可能(または、先の円を作成精したときに、「繰り返し」にチェックすれば、8と9のオペレーションは続けてできる)

「完成」

おまけ.押し出し体作成.「

※すべての曲線を選択して押し出すと、穴があく.