※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



ビュー関連


  • ビューレイアウト ・・・ 作業ビューポートのレイアウトの設定

※表示ビューは4画面と1画面(3D・上面・正面・右側面)に切り替えられる




  • 値入力ボックス ・・・ 座標値の表示・設定、距離や角度入力

※上段は、カーソルの位置が表示、左からX,Y,Z値
※下段は、コマンド実行時に距離拘束、角度拘束を入力したい場合に使用




  • アクティブビューの下段に表示されるビュー操作ボタン


  • ズームウインドウ ・・・ 2コーナー指定で、作業エリアを拡大


  • ズーム ・・・ マウスドラッグで作業エリアを拡大縮小

※画面中央を中心として拡大縮小
※ドラッグ上方向(拡大)、ドラッグ下方向(縮小)


  • パン ・・・ マウスドラッグで視点位置をパンする

※初期設定では、マウスドラッグした方向にカメラ(始点)がパン
※ターゲット方向にパンするように反転したければ、オプション>表示の回転/パン/ズームオプションで、下図のように「パンボタンの反転」にチェックする



  • 回転 ・・・ マウスドラッグで回転(3Dビューのみ)


  • リセット ・・・ 全体表示

※アイコン右クリックで、すべてのビューの全体表示され、平面、正面、右側面の平行投影ビューは整列される
※オブジェクトを選択してリセットを実行すると、選択オブジェクトが全体表示
※表示>全表示を使っても良い



右ボタンドラッグによるビューイング

Rhinocerosと同じで、マウス右ボタンドラッグでビューイング可能である
  • 右ボタンドラッグのみ-上面・正面・右側面ビューはパン、3Dでは回転
  • shift+右ボタンドラッグ-パン
  • Ctrl+右ボタンドラッグ-ズーム
  • インテリマウスで中ボタンがスクロール機能がついている場合、中ボタンでズーム可能