※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



構築(コンストラクト)
【 3D立体の構築.曲線を元に押し出し体やロフト体 など作成 】


ブーリアン
フィレット
オフセット
平面
押し出し
回転
ロフト
スイープ
ブレンド
ネットワーク
曲線



  • ブーリアン
    • 差 ・・・ 交差している立体間の差の演算を行う
    • 和 ・・・ 交差している立体間の和の演算を行う
    • 積 ・・・ 交差している立体間の積の演算を行う
    • マージ ・・・ 交差している立体間を分割した個々の立体にする

※差の演算は、「1つ目のオブジェクト(複数選択)」-「2つ目のオブジェクト(複数選択)」で演算
※積の演算は、「1つ目のオブジェクト(複数選択)」x「2つ目のオブジェクト(複数選択)」で演算





  • フィレット
    • フィレット ・・・ 曲線間、サーフェス間のフィレットを行う
    • 面取り ・・・ 曲線間、サーフェス間の面取りを行う

※フィレットで、接続性を円、G1・G2・G3ブレンドから選択可能
※フィレットで、「直線コーナー」にチェックすると、フィレット面を延長して交差した形状(下図)になる
※現在のところ、徐変半径の指定は出来ない





  • オフセット
    • オフセット ・・・ 曲線やサーフェスをオフセットする
    • シェル ・・・ 立体の均肉の厚み付け

※オフセットで、「モード」項目で、オフセット距離を数値入力するか、通過点指示できる
※オフセットで、「コーナー」項目で、曲線にピン角がある場合のオフセット処理を選択
シャープ-ピン角、ラウンド-コーナーフィレットで補間
※オフセットで、「トリム」にチェックすると曲線のオフセットが自動でトリミング(曲線やエッジのときのみ)
※オフセットで、「両方向」にチェックすると、両方方向にオフセット


※シェルでは、あらかじめ開口部のサーフェスを削除するとよい(下図)


※シェルの方向(Direction)は3方向(下図)




  • 平面 ・・・ 平面曲線からサーフェスを作成

※矩形平面は、ソリッドツールの長方形を作成しても良い




  • 押し出し ・・・ 曲線やサーフェスから押し出し体を作成

※「両方向」にチェックすると、指定オブジェクトから両方向に押し出す
※押し出す「方向」を2点指示して指定可能
※「パス」を選択して、パス曲線を指定すると、パスに沿ってサーフェスが作成される




  • 回転 ・・・ 回転体を作成
    • 回転 ・・・ 曲線から回転軸と回転角度を入力して、回転体を作成
    • レールに沿って回転 ・・・ レール曲線に沿って、回転体を作成(下図)


※回転で、「キャップ」にチェックすると、閉じていない曲線の360度回転した場合、円形平面を作成




  • ロフト ・・・ 断面曲線を通るサーフェスを作成

※ロフトスタイルが選択できる
ノーマル-滑らか、ルーズ-中途の断面曲が制御点になる、直線-直線補間
※「輪郭曲線」を正確にとおるか、近似してとおるか選択できる
※「キャップ」にチェックすると、断面が平面曲線の場合、末端に平面を作成
※「クローズド」にチェックすると、下図のように閉じた輪形状になる





  • スイープ ・・・ レール曲線に沿って、断面曲線を通るサーフェスを作成

※レール曲線は1本か2本選択
※「ねじれ」で、中途断面の向きを制御
自由曲線-銃曲線に沿って変化、フラット-すべて同じ向き
(断面が1個とか、両末端の断面が同じ向きの場合に有効に使える)
※「輪郭曲線」を正確にとおるか、近似してとおるか選択できる
※「キャップ」にチェックすると、断面が平面曲線の場合、末端に平面を作成する




  • ブレンド ・・・ 離れた2つの曲線間、またはサーフェス間を滑らかに繋ぐ

※接続性を選択可能
G1-接線連続、G2-曲率接続、G3-曲率変化連続




  • ネットワーク ・・・ 格子状の曲線からサーフェスを作成




  • 曲線
    • 投影 ・・・ 曲線をサーフェスに投影
    • 交差 ・・・ 交差している立体の交線を作成

※投影方向は破線で表示されるが、「方向」を使って2点指示で指定可能