※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



編集ツール
【 既存のオブジェクトに結合やトリムなどの変更を加える 】


結合
分解
トリム
延長
制御点表示
制御点追加
コピー
ペースト
隠す
ヒストリ




  • 結合 ・・・ 2つ以上のオブジェクトを結合する

※カーブは端点同士がくっついていること、サーフェスであれば、境界エッジの一部が共有していることが条件


  • 分解 ・・・ 結合しているオブジェクトをバラバラの単一オブジェクトにする

※一部だけ切り離す場合は、オブジェクトを全体選択後に、切り離すオブジェクトを選択する(下図)


  • トリム ・・・ オブジェクトを分割する

※「延長線を有効」にチェックすると、切断オブジェクトが線の場合、延長した位置が分割点になる(ただし、トリムオブジェクトは曲線だけ)
※「仮想点を有効」にチェックすると、実際に交差していないオブジェクトでも、上面・正面・右側面からの見た目の交差点が分割点になる
「トリム点を追加」を使うと、指示した位置が分割点になる
※分割した領域、モードの「保持」か「削除」によって切り替えられる(選択した領域を保持するか、削除するか の意)
※「保持」も「削除」も選択せずにコマンドを確定させた場合は、オブジェクトは分割点で分割される



  • 延長 ・・・ 曲線を延長(境界オブジェクト指定)

※直線は直線で延長
※円弧は円弧で延長
※自由曲線は端点から接線で延長(よって、後で分解可能)


  • 制御点表示 ・・・ オブジェクトの制御点を表示

※もう1度コマンド実行すると、制御点表示オフ
※結合されたサーフェスオブジェクトは、制御点表示できない


  • 制御点追加 ・・・ オブジェクトの制御点を追加



  • コピー ・・・ クリップボードにオブジェクトをコピー


  • ペースト ・・・ クリップボード上のデータをペースト(貼り付け)


  • 隠す ・・・ 選択オブジェクトを非表示にする

※もう1度コマンド実行すると、非表示にされたオブジェクトが一時的に表示状態になり、選択したオブジェクトを表示することができる(何も選択せずにコマンドを確定させると、全表示になる)


  • ヒストリ ・・・ オブジェクトにヒストリを加える

※ヒストリ機能はいつまでも履歴を保持できるものではなく、「分解」や「トリム」等によって消去される場合も多い