※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

557 名前: ('A`) sage 投稿日:2007/07/24(火) 23:47:15 O
僕は酒場に入った。店の中で飲んでいた人達が一斉にこちらを向いた。
向こうに座った女どもはくすくす笑いをし、酔っぱらった大男は僕を指差しへらへら笑っている。
僕は拳を握り締めて我慢した。糞、何で僕は馬鹿にされるんだ。
僕はよたよたと挙動不審に店の中を進み、辺りを見回した。
大男は酒を吹き出し、うへえっwww、きめえwwwwww、と僕を笑う。
僕はぶるぶる震えながら女主人に話しかけた。


558 名前:('A`) sage 投稿日:2007/07/25(水) 00:09:17 0 
おお 


560 名前557 sage 投稿日:2007/07/25(水) 00:30:36 O 
ご迷惑でなければ、続きは推敲でもした後で明日にでも投稿させて頂きます。 
( ´;゚;ё;゚;) 


561 名前:('A`) sage 投稿日:2007/07/25(水) 00:31:54 0 
迷うぐらいなら投稿すんな 
別に今他に誰も投稿してないから問題ないだろ 


562 名前:('A`) sage 投稿日:2007/07/25(水) 00:33:09 0 
>>560 
楽しみにしてるぜ 


563 名前: キモ( ´;゚;ё;゚;)キモ sage 投稿日:2007/07/25(水) 01:04:15 O
僕は女主人に話しかけた。
「…あっ、あのぅ、ぼ冒険するに…のには仲間とかひっ…必要じゃないですか」
女どもは、なにアレー、キョドってるよw、キモーいwwwwww、とひそひそ話をしている。
大男は拳でテーブルを叩きながら大笑いしている。
「ぁのぉですねぇ…、僕、僧侶のか、かたと武道家…の方がいらっしゃ…ぃまひたらご紹…」
女主人は怒ったような困ったような声で
「えーとねー、ちゃんと聞こえるようにはっきりしゃべってくれないかなー」と言った。
涙が溢れそうだった。



564 名前: ( ´;゚;Д;゚;)キモォォォォォオオオ sage 投稿日:2007/07/25(水) 01:10:57 O
我慢できなくなった僕は酒場を飛び出そうとして出口へ一目散に走り出した。
後ろからやつらの笑い声や話し声が聞こえる。
その瞬間、何かとぶつかり、僕は床に投げ出された。
店に入ってきたがっちりとした男とぶつかってしまったのだ。
そいつは僕をすごい形相で見下ろし睨みつけ、何ぶつかってんだよ、カス、邪魔なんだよ、と言い僕に唾を吐いた。
唾は僕の頭に付着した。
僕は泣きながら酒場から全力で飛び出した。
酒場から聞こえる笑い声が頭の中に響く。
涙で前も見えない。



565 名前: ('A`) sage 投稿日:2007/07/25(水) 01:20:49 O
せっかくなので書き込ませて頂きました。
どいつもこいつも俺を馬鹿にしやがってチクショウ。
軽いショートショートくらいの長さになるかもしれません。
俺は童貞なんだよ、悪いか!!
勢いでやってしまったので、推敲などはあまりしてありません。
なんでちんこにぶつぶつがあんだよ!!
お見苦しい点もございますが、どうかご勘弁を。
童貞ばんざあああぁぁぁぁぁあい


566 名前:('A`) sage 投稿日:2007/07/25(水) 02:52:46 0 
>>565 
ばんざあああぁぁぁぁぁあい 


567 名前:('A`) sage 投稿日:2007/07/25(水) 08:17:46 O 
おお

571 名前:('A`)  投稿日:2007/07/25(水) 22:43:26 0 
>>565 
これは続き見たいなwww 


572 名前: キモキモ( ´;゚;ё;゚;)キモキモ sage 投稿日:2007/07/26(木) 00:33:39 O
涙をぼろぼろ、鼻水をだらだら垂れ流して僕は逃げた。
しかし、すぐに息が切れて道端に倒れこんでしまった。
道行く人の足音が頭に響く。
もう嫌だ、なにもかもやめてしまいたい。もう終わりにしてくれ!もうやめてくれ!
そこにうずくまり押さえきれない嗚咽をもらしていると、聞き覚えのある嫌な声が聞こえた。
背中にどすんと蹴りを入れられ、涙や鼻水を垂れ流しながら見上げてみると、
まるでチンピラのような遊び人たちが4、5人そこにいた。



573 名前:('A`) hage 投稿日:2007/07/26(木) 12:32:02 0 
チンピラのような遊び人wwww 


574 名前:('A`) sage 投稿日:2007/07/26(木) 13:46:08 O
奴らはたちの悪い事でここらへんでは有名だ。
特に僕は奴らに目をつけられていて会うたびに喝上げや集団リンチの被害にあう。
奴らは僕の腹にもう一発蹴りを喰らわせて、僕の荷物を慣れた手付きで探りはじめた。



575 名前: ( ´;゚;ё;゚;) sage 投稿日:2007/07/27(金) 17:10:55 O
奴らの一人が僕の王様から貰った剣を取り上げようとしているのを見て、僕は最後の意地で剣にしがみついた。
僕は勇者だ!遊び人なんかに負けてたまるか!
しかし、僕に邪魔をされたそいつは、涙と鼻水にまみれて歪んだ勇者の顔に思いきり固い拳を叩き付けた。
薄れていく意識の中で、集団リンチがまた始まったことを感じた。


576 名前:('A`)  投稿日:2007/07/27(金) 19:10:45 O 
喪っていうよりいじめられっ子だな 


577 名前:('A`)  投稿日:2007/07/28(土) 09:33:15 O 
俺はニート君が帰ってくるのを待ってます 


578 名前:('A`) sage 投稿日:2007/07/28(土) 15:19:12 0 
どっちも期待してるぜ 


579 名前:('A`) sage 投稿日:2007/07/28(土) 15:41:24 0 
勇者が遊び人に負けるって辛すぎ 


580 名前:( ´;゚;ё;゚;) sage 投稿日:2007/07/28(土) 17:04:30 O 
しまった、つるぎなんて貰えないんだった(;゚;ё;゚;rz 


581 名前:('A`) sage 投稿日:2007/07/28(土) 18:01:41 O 
どうのつるぎは親の形見だな。 


582 名前: ( ´;゚;ё;゚;) sage 投稿日:2007/07/28(土) 21:34:12 O
気がつくと、陽はすでに傾き、辺りはすこし薄暗くなっていた。
身体中がズキズキ痛む。手足が思うように動かせない。
顔もなんだか腫れているようだ。
体を起こそうとした瞬間、尻のあたりに違和感と痛みとほのかな快感を感じた。
見るとなんと僕のアナルにひのきのぼうが突っ込まれていた。
僕は泣きながらそれをそっと引き抜いた。ちんこが勃った。


583 名前:('A`) sage 投稿日:2007/07/28(土) 22:59:51 O 
ひのきのぼうw 


585 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう sage 投稿日:2007/07/29(日) 01:51:27 O 
クソのついたひのきの棒が喪の唯一の武器かよwww 


587 名前: ( ´;゚;ё;゚;) sage 投稿日:2007/07/29(日) 20:45:11 O
衣服はもうズタボロだ。そして独特の異臭を放つ液体で濡れていた。
どうやら奴らはリンチの後、僕に小便を引っ掛けていったらしい。
街の灯が少し遠くに見える。
涙のせいでそれは弱々しく霞んで映った。
町の人が僕のこの姿を見たらどう思うか考えたら町に戻る気も失せた。
家に帰っても母親を失望させ、落胆させ、悲しませるだけだろう。
僕は再び泣きながら傷だらけの体で走り出した。
街の灯が見える正反対の方向へ。


588 名前:('A`) sage 投稿日:2007/07/29(日) 21:28:31 0 
続き楽しみにしてるよ。 


589 名前:( ´;゚;ё;゚;) sage 投稿日:2007/07/29(日) 22:11:02 O 
ありがとうございます。 
そう言って頂けると非常に嬉しいです。 
もう半分は終わったかな。 
あと数日のうちに完結するはずだと思います。 


590 名前:('A`) sage 投稿日:2007/07/29(日) 22:25:26 0 
完結までの見通しがあるというのは素晴らしいことだ 
ニートを始め他の勇者も皆できてなかったっぽいもんそれ 



594 名前:('A`) sage 投稿日:2007/07/30(月) 18:05:54 0 
ばんざぁぁぁぁぁあああい 


596 名前: ( ´;゚;ё;゚;) sage 投稿日:2007/07/31(火) 21:55:21 O
今、自分がどこを走っているのかわからない。
幾度となくよろけたり石につまずいたりした。
わかるのはここはアリアハンの町の外であるということだけだ。
辺りはもう真っ暗だ。まわりもろくに見えない。
もう疲れた、これ以上走れない。もう肉体的にも限界に近い。
僕は近くの木の下で休むことにした。
暗闇の中よろけながらゆっくりと木に近づく。
どさっ、と音をたて崩れ落ちるように木の根元に腰を下ろした。
身体中が痛いがあまり気にならなかった。



599 名前: ( ´;゚;ё;゚;) sage 投稿日:2007/08/01(水) 00:36:32 O
遠くに町がぼんやりと見える。淡い光がとても美しい。
しかし、僕にはそれらが虚像のように思えた。町も魔王も自分も・・・
僕は一体どうすればいいんだ。全てがニセモノだったらどんなに楽なことか・・・
しかしその時、自分の背後で物音がして我に帰った。
なにかがだんだん近づいてくる。
しまった、モンスターか!
僕は慌ててDQNにアナルに突っ込まれたひのきのぼうを探した。
体がたいへん痛むが、そんなこといっている場合ではない。必死で手を動かした。
何かはどんどんこちらに来る!


600 名前:('A`) sage 投稿日:2007/08/01(水) 00:48:57 0 
よく見たら携帯じゃねーか。 
SS系のレスをちゃんと改行しながら 
携帯で打てるって凄いな 


601 名前:('A`)  投稿日:2007/08/01(水) 01:01:21 0 
すごいんじゃなくて当たり前のこと 


602 名前:( ´;゚;ё;゚;) sage 投稿日:2007/08/01(水) 01:04:08 O 
ありがとうございます。 
一応、PCから見たらどう見えるか考えて文章を構成しております。 
文章を削ってみたり改行の場所を変えてみたり・・・ 
しかしまだ不自然な点がたくさんあるとは思いますが・・・ 
童貞ばんざぁあぁあぁあぁあぁあい!!! 


603 名前:('A`) sage 投稿日:2007/08/01(水) 01:34:45 O 
さあ!誰が来たのだ? 
続きを! 


604 名前: ( ´;゚;ё;゚;) sage 投稿日:2007/08/01(水) 23:59:09 O
手探りで近くを探るが何もない。
暗くて手元が見えない。
もしかしたら走っているうちに落としてしまったのかもしれない。
音はだんだん自分に近づいてきている。
ここでやられたらおしまいだ。
どんな死に方をしてしまうのか一瞬考えてしまった。
ひのきの棒は非情にも見つからなかった。
がさがさと音を立てて近づいて来ていたのは一匹のスライムだった。
夜の闇から出現したそいつを見て、僕はビビり、失禁した。
いくら雑魚の代表選手のようなスライムでも十分に
瀕死でへたばっているヘタレの僕を恐怖のどん底に叩き落とすことができた。



606 名前: ( ´;゚;ё;゚;) sage 投稿日:2007/08/02(木) 23:25:08 O
もうおしまいだ。絶体絶命だ。
僕はガタガタ震えるだけで何もできない。
スライムは手を伸ばせば届きそうな位置まで近づいてきていた。
もうダメだ、やられる。
攻撃されたら一撃で死んでしまうだろう。
僕は恐怖の中で目を閉じた。
しかしどういうわけかスライムは襲ってこなかった。
ただ人懐っこそうにすり寄ってきただけだった。


607 名前:( ´;゚;ё;゚;) sage 投稿日:2007/08/02(木) 23:27:32 O 
しまった、思ったより少し長引くかもしれません。 
しかし童貞ばんざぁぁぁぁぁぁあああい 



616 名前: ( ´;゚;ё;゚;) sage 投稿日:2007/08/03(金) 19:05:43 O
僕はただ呆然としてその場にへたばったままだった。
今度は予想外のことで拍子抜けしてしまったのかもしれない。
もしかして自分が人間として認識されていないのかと思うと複雑な気持ちになったが
殺されるよりはモンスターに仲間扱いされた方がずっとましだろう。
僕は魂が抜かれたかのようにそこに座っていた。
スライムはまだスキンシップをとろうと体を僕に擦り付けている。
このスライムを見ていると、まるでこいつだけが
自分の理解者のように思えてきて涙が溢れてきた。


617 名前:('A`) sage 投稿日:2007/08/04(土) 21:48:39 0 
スライムがペットに欲しくなるな 
続き楽しみだよ 



621 名前: ( ´;゚;ё;゚;) sage 投稿日:2007/08/05(日) 18:17:03 O
僕にはスライムは泣いている僕を慰めようとしているように思えてきた。
実際、そうなのかもしれない。
そう考えると、急にこいつがいとおしくなってきた。
僕は大声で泣きながらスライムに抱きついた。
スライムの弾力に富んだ体がぐにゃりとなる。
だが、それに構わずにスライムに強く抱きついてしばらく泣いていた。
しかし、スライムに抱きついて時間がたち体勢がくずれたため
スライムの吐く息がちょうど服の上から僕の股間にかかる。
その心地のよい刺激のせいで僕のジュニアが次第に勃ってきた。


622 名前:('A`) sage 投稿日:2007/08/06(月) 03:02:03 O 
ちょwwww 


623 名前: ( ´;゚;ё;゚;) sage 投稿日:2007/08/06(月) 21:04:14 O
だんだんムラムラしてきた。そして性欲が湧いてきた。
僕は泣いたまま立ち上がり服を脱ぎ下半身をあらわにした。
スライムは少しびっくりしたようだが
僕は構わずに顔面から液体を垂れ流したままスライムの体にちんこを押し付けた。
スライムの柔らかい体に僕のペニスが沈んでゆく。
スライムは身をよじったが特に強い抵抗はしなかった。
絶妙な柔らかさだ。少しひんやりとしていて気持ちいい。
僕はゆっくり腰を振ってみた。
スライムの表情を見たところ、別に苦痛ではないらしい。よかった。
僕はスライムを両手で押さえつけ、腰を少し速く振ってみた。
スライムの体がぷるぷるふるえている。
スライムはおとなしくじっと動かないでくれているみたいだ。



625 名前:('A`)  投稿日:2007/08/06(月) 22:13:29 O 
なんかスライムが欲しくなってきた。 


626 名前:('A`) sage 投稿日:2007/08/07(火) 00:31:40 0 
肉棒でスライム突き殺してレベルアップかと思ったのにww 


627 名前:('A`) sage 投稿日:2007/08/07(火) 02:03:37 O 
このままだとチンコがレベルアップするんじゃないのか 


629 名前: ( ´;゚;ё;゚;) sage 投稿日:2007/08/08(水) 23:59:59 O
腰を振るにつれて耐えがたいような快感がおしよせてきた。
ペニスを包みこむような感触がたまらない。
僕は鼻水をふき取り更に速くピストン運動を続けた。
スライムの体から体液が染みだしてきてペニスに絡みいやらしい音をたてている。
スライムの柔らかい体が僕のペニス全体を刺激している。
気持ちよくて気が狂いそうだ。
さっきまでの惨めな気持ちさえも忘れてしまいそうだ。
僕は快感に身を委せ腰を振り続けた。



630 名前: ( ´;゚;ё;゚;) sage 投稿日:2007/08/09(木) 00:14:39 O
もうだめだ、出る!
僕はスライムを手で押さえ、ペニスを押し付けるような形で射精した。
僕は中出ししたような感覚による快感に耐えきれず、ガクガク震え、果てた。
もっとも、本物の中出しがどんな感じかなんて知らないが。
暗がりの中、スライムのさっきまで僕にペニスを突っ込まれてへこんでいた部分が
徐々に張りを取り戻して元に戻っていくのがみえた。
なんだか少し気まずくなった。
僕は申し訳なさそうにその表面に付いた僕の精液を拭き取ってあげた。
しかし肉棒はまだ勃ったままだ。


637 名前:('A`) sage 投稿日:2007/08/11(土) 12:47:45 0 
スライムはオスなの?? 


オスメス以前の問題があるけどw 


638 名前:('A`) sage 投稿日:2007/08/11(土) 12:53:53 0 
スライムは雌雄の別があり家族社会も形成しているらしいぞ 


639 名前:('A`)  投稿日:2007/08/11(土) 23:03:15 O 
設定上ではスライムが♂スライムベスが♀だ 


640 名前:('A`) sage 投稿日:2007/08/11(土) 23:30:38 0 
それにもいろいろな説があるらしい。 


642 名前: ( ´;゚;ё;゚;) sage 投稿日:2007/08/12(日) 14:52:28 O
僕はすぐさま二回戦を開始した。
今度はスライムを少し持ち上げ、下から荒くいろいろな所を突いてみた。
あるところにペニスを押し付け、数回腰を振ると
スライムは恍惚の表情をうかべ、ビクビクと細かく震えだした。
そこが気持ちいいのか。
僕は夢中で腰を振った。
スライムは感じているのか、よだれを垂れ流しながら荒い息をしている。
スライムの体から分泌されるねばりけのある液体が僕の股間を濡らした。
いやらしい音があたりに響いているが、そんなことはどうでもいい。
また快感の波が押し寄せてきた。


650 名前: ( ´;゚;ё;゚;) sage 投稿日:2007/08/15(水) 12:45:24 O
僕がピストンを速めると、スライムはイッてしまったのか
ブルブルと痙攣しだした。
その刺激がペニスに伝わってきて新たな快感をもたらした。
僕も絶頂に近づいてきた。
僕はイキそうになるのを我慢し、スライムからペニスを抜き
自分の手でペニスをしごいてスライムに精液をぶっかけ、
そしてスライムにかかった精液を舌で舐めとった。


652 名前: 勇者ニート ◆.u3RuvgSYY 投稿日:2007/08/15(水) 18:57:32 0
お久しぶり。
勇者ニートは不調の為、今執筆できない状況です
なので回復次第、スレがなければウィキに書くつもりなのでよろしくお願いします

654 名前:( ´;゚;ё;゚;) sage 投稿日:2007/08/15(水) 20:12:45 O 
あっ、ニート君が帰ってきた!! 
完成を急ぐことにします。 


662 名前: ( ´;゚;ё;゚;) sage 投稿日:2007/08/17(金) 22:28:42 O
僕はスライムを押さえつけスライムの口の中までしつこく舐めまわした。
もう全てがどうでもよくなってきた。
僕を虐げてきた世界なんてどうでもいい。
どうせすぐ敵に殺されるだろうし、僕を痛めつけてきた糞共を救ってやる筋合いはない。
魔王なんてもう僕の知ったことではない。
むしろ僕を虐げてきた奴らを存分に苦しめてほしいくらいだ。
王も僕をあんな銭とガラクタで捨て駒にしたんだ。
あんな奴ら滅びればいいんだ。
もう僕はこんなことやめよう。
僕は自分に言い聞かせるようにして言い訳のようなことを呟き
自分の使命を放棄することを決意した。


666 名前:('A`) sage 投稿日:2007/08/18(土) 06:31:30 O 
>>662 
まるで勇者ニートの再来じゃないか 

極めて近く限りなく遠い二つの世界が交差して 
二人の勇者ニートによる鬼畜マイソロジーになったら 
いいのにって思いました 


748 名前: ( ´;゚;ё;゚;) sage 投稿日:2007/09/10(月) 00:49:06 O
誰にも求められてないと知りつつも、途中で終わらせるのは気分が悪いので、残りの文を投下します。
何もなかったように流して頂ければ幸いです。


勇者が行方不明になってからもう一年がたとうとしていた。
勇者は魔物にやられたという噂だ。
その噂に証拠はないが、皆、実際そんなところだろうと思っている。

ある日、ある男が、用があり森まで出かけた。
魔物に襲われやしないかとひどくびくびくしながら
男が森に分け入るとそこには粗末な掘っ立て小屋が建っていた。
その小屋は小刻みにギシギシ軋みながら揺れている。
不信に思った男は小屋を覆う板切れの隙間から中を覗いてみることにした。
こんな所で誰が何をしているのだろう。


749 名前: ( ´;゚;ё;゚;) sage 投稿日:2007/09/10(月) 00:51:46 O
中を見た男はあまりの光景に呆然とした。
全裸の喪男がどこから集まってきたのか大量のスライム達と溶けあい、交じりあい、
体を絡ませて恍惚の表情を浮かべながら快感にあえいでいた。
その喪男はうごめくスライムの海に体をまかせていた。
一匹のスライムがそいつのアナルに体を滑り込ませているのが見えた。
そしてそいつはさらに嬉しそうな声をあげた。
男にはまるでその喪男がスライム達と融合しているように見え、ぞっとした。
小屋中に充満した生々しい臭いが隙間からしみだして男の鼻についた。
奴がまた悦びの声をあげたと思ったら奴のガチガチに勃起したペニスがビクンビクンと震えだした。
絶頂が近づいているらしい。
男は気分が悪くなった。


750 名前: ( ´;゚;ё;゚;) sage 投稿日:2007/09/10(月) 00:55:16 O
男は膝がガクガク震えてたが、まだ小屋の中を睨みつけていた。
喪男の体に絡むスライムのうねりがさらに早くなり、奴はビクビク細かく震えだした。
まるで身体中で感じているかのようだ。
次の瞬間、奴のギンギンに勃起したペニスから大量の白濁した液体が噴き出し
奴は生々しい悦びに満ちた叫び声をあげた。
白い液体はスライムにかかってそいつらを白く染めた。男は嫌悪感に顔をしかめた。
そしてその時、首をこちらに曲げた喪男と男の目が合った。
その瞬間、その喪男は恐れおののいた表情に変わった。
男はその目をかっと見開いた。


751 名前: ( ´;゚;ё;゚;) sage 投稿日:2007/09/10(月) 01:04:00 O
俺はこいつの顔を知っているぞ!
勇者だ!こいつは紛れもなくあの失踪した勇者だ!
男はあまりのことに失神した。


男が気がついたころにはもう小屋はもぬけの殻となっていた。
男は逃げるように震えながら町へ帰り、皆にそのことを伝えた。

それを聞き付けた者達が小屋の場所に辿りつくと、小屋はバラバラになっていた。
森の中に少し前まで小屋が建っていた空間が残骸の上に虚ろに存在していたが、
誰もが顔をしかめるような生々しい臭いはまだそこにたちこめていた。

勇者の姿をその後目にした者は誰もいないという。
勇者がそれからどうなったかは、誰も知らない。
―完―


752 名前:('A`) sage 投稿日:2007/09/10(月) 01:42:15 O 
>>751 
乙! 
そんな完結もアリかー 

完結したやつってこれが初めてじゃない? 


754 名前:('A`)  投稿日:2007/09/10(月) 09:57:53 O 
>>752 
あぁ…多分初めての完結作品だと思う。 

>>751 
ホント…乙。 


755 名前:('A`)  投稿日:2007/09/10(月) 10:24:58 O 
世にも奇妙な話だったな 


この作品の感想を投稿
名前:
コメント: