※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

☆第二話「迷宮の麓に蔓延る悪」

土の街を拠点に冒険者の宿の依頼を受けつつ、世界樹の登頂を目指そう、ということになった一行。
しかし、地の門の周囲に怪しげな瘴気が渦巻き、門の先に進むことができなくなっているらしい。
世界樹登頂第一歩で躓く訳にはいかない、と、まずはその原因を突き止めるべく、一行は門へと歩を進めるのであった。
……「地の門に向かうなら」と、ついでに他の冒険の依頼もわんさか受けた状態で。


☆登場NPC☆
  • 新米冒険者四人組
 未知の冒険への期待で目がきらっきらしてる若者四人集。
 “世界樹の芽”からの依頼に失敗して、のほほんと伸びてた。
 準備の大事さを身にしみて感じたらしい。

  • アニヒレイ=ションワールド
 冒険者になることを運命づけられているいる一族の次兄。
 赤髪のほのぼのさん。
 しかし、悪者っぽい格好をしているせいで、色々大変な目にあってる。
 レベルは7くらい。
 妹のクエスを探している。
  • クエス=ションワールド
 アニヒレイの妹。
 モンスターに追われて、兄とはぐれていた。
  • レヴィアタン
 水龍の姿をした“賢王の芽”。しゃべるとエコーが掛かる。
 “黒い影”を何とかするために、実力者を探している。

  • ムールムール
 グリフォンみたいなお兄さん。下のコンビよりエライ。
 レヴィアタンに仕えている。
  • 黒い羽根のおねーさん&白い羽根のおにーさんの二人組。
 レヴィアタンの僕として、その入口を護っている。
  • 二バス(仮)
 プロミネンス団の一員と思われる老人。
 今回、怪しげな瘴気を出していた張本人。
 首を掻っ切って地面に吸い込まれ、ドラゴンめいた何かになった。
 今回のボス。

☆新出単語☆
 「賢王の芽」
 賢王の種が発芽したもの、と言われている。
 種よりも強い力を有しているものと思われる。