※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

☆第零話‐その4「真夏だ!魅惑のわくわくざぶーんらんど」

 ある日、オルニスの少女、テュケは言いました。
 「……ふくびきにあたっちゃいました……!」
 彼女が手にしたものは、つい最近、水の街の催事広場にオープンしたばかりの施設への招待状。
 その名も、「わくわくざぶーんらんど」
 今、探索者の前に、巨大リゾートプール施設が立ちはだかる!!

☆登場NPC☆
  • シズク
 名前からは全く想像もつかないような、豪快で、竹を割ったような性格の、赤髪の巨漢。
 人当たり良く陽気ではあるが、実務はおそろかにしないタイプ。
 水の街の実質的な支配者で、先代の”水の王”。”火の王”カグツチの、自称友人。
 現”水の王”を守護する立場にあり、彼を突破して”水の王”に相対するには、相当な実力と運が必要となるだろう。
 それと、娘さんが大好き。目に入れても痛くないくらい好き。
  • アクアマリン
 父とは似ても似つかない、シズクの一人娘。いつも父の肩にちょこんと乗っている。
 現在の”水の王”でもあるが、まだ幼いため、実質的な街の運営は父であるシズクが行っている。
 しかし、父以上に”種”に対する適性と、潜在的な力があるとみられており、
 一人一体としか契約できないといわれている”種”との契約を、すでに複数行っているとも言われている。

 ちなみに。
 今回のわくわくざぶーんらんどでの「宝探しイベント」の発案者は彼女である。


☆登場街☆
 「水の街」
 道の代わりに水路が多く走る街。
 主な移動方法は、乗合カヌー。規則正しく走る水路を、定期的に巡回しているそれに乗って、目的地へ行くことができる。
 (もちろん通常の道がないわけではないので、歩いて街を探索することもできるが、
  場所によっては遠回りになったり、たどりつかなかったりすることもしばしば)
 ありていに言うなら、たぶんベネチアみたいな感じの雰囲気の街のはずである。

 水の街と銘打たれているだけあって、恐らく水産物はおいしいハズ。