※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#!/usr/bin/env python
# -*- coding: utf-8 -*-
# -*- mode: python; Encoding: utf8n -*-
 
u"""
全レイヤーの、左上座標、幅、高さ、をテキスト出力保存する.
 
by mieki256
 
0.0.1  2012.08.06  GIMP2.8、GIMP2.6用に作成。
"""
 
from gimpfu import *
import os.path
 
def is_old_gimp():
    u"""GIMP 2.6.x上で動かしているか調べる."""
 
    version = pdb.gimp_version()
    if version.startswith("2.6."):
        return True
    if version.startswith("2.4."):
        return True
    else:
        return False
 
def get_header(kind, imgname):
    u"""テキスト出力のヘッダ部分を返す."""
 
    if kind == 0:
        # テキスト形式
        return ""
    else:
        # xml形式
        str = "<?xml version=\"1.0\" encoding=\"UTF-8\"?>\n"
        str += "<TextureAtlas imagePath=\"%s\">\n" % (imgname)
        return str
 
def get_footer(kind):
    u"""テキスト出力のフッター部分を返す."""
 
    if kind == 0:
        # テキスト形式
        return ""
    else:
        # xml形式
        return "</TextureAtlas>\n"
 
def get_line_str(kind, name, x, y, w, h):
    u"""1行分のテキストを得る."""
 
    if kind == 0:
        # テキスト形式
        return "%s,%d,%d,%d,%d\n" % (name,x,y,w,h)
    else:
        # xml形式
        return "    <SubTexture name=\"%s\" x=\"%d\" y=\"%d\" width=\"%d\" height=\"%d\"/>\n" % (name,x,y,w,h)
 
def get_layer_info(kind, layer):
    u"""1枚分のレイヤーの情報を得る."""
 
    lname = layer.name
    lx = layer.offsets[0]
    ly = layer.offsets[1]
    lw = layer.width
    lh = layer.height
    return get_line_str(kind, lname, lx, ly, lw, lh)
 
def get_layer_ids(layer_ids):
    u"""レイヤーIDリストを再帰で辿って取得する.(GIMP2.8以降用)"""
 
    ids = []
    for i in layer_ids:
        item = gimp.Item.from_id(i)
        if pdb.gimp_item_is_group(item) == 1:
            # レイヤーグループだったので、子供レイヤーのIDリストを取得
            num_children, child_ids = pdb.gimp_item_get_children(item)
 
            # 子供レイヤーのIDリストを結合
            ids.extend(get_layer_ids(child_ids))
 
        else:
            # 通常レイヤーだった
                ids.append(i)
 
    return ids
 
def python_fu_dump_layers_offsets(image, drawable, save_dir, fname, kind):
    u"""メインの処理"""
 
    # 出力ファイルのパスを生成
    output_path = os.path.join(save_dir, fname)
 
    str = get_header(kind, image.name)
 
    # レイヤーIDリストを取得
    num_layers, layer_ids = pdb.gimp_image_get_layers(image)
 
    if is_old_gimp():
        # GIMP 2.6以前用の処理
        for layer in image.layers:
            str += get_layer_info(kind, layer)
    else:
        # GIMP 2.8以降用の処理
 
        # 再帰的に辿って、レイヤーIDリストを全取得
        ids = get_layer_ids(layer_ids)
 
        for i in ids:
            # レイヤーIDからitem情報を取得
            item = gimp.Item.from_id(i)
 
            # 1行分のテキストを取得
            str += get_layer_info(kind, item)
 
    str += get_footer(kind)
 
    # テキストファイルとして出力
    fw = open(output_path, 'w')
    fw.write(str)
    fw.close()
 
    # pdb.gimp_message("%s に保存しました." % (output_path))
 
# ----------------------------------------
# GIMPへのメニュー登録、ダイアログの指定
register(
  # プロシジャの名前
  "python-fu-dump-layers-offsets",
 
  # プロシジャの説明文
  "全レイヤーの座標やサイズをテキストファイルに出力",
 
  # PDBに登録する追加情報
  "dump layers offsets",
 
  # 作者名
  "mieki256",
 
  # ライセンス情報
  "Public Domain.",
 
  # 作成日
  "2012.08.06",
 
  # メニュー表示場所・名前
  "<Image>/Layer/全レイヤー情報をダンプ",
 
  # 対応する画像タイプ
  "RGB*, GRAY*, INDEXED",
 
  # ダイアログの指定
  [
    # ディレクトリ名の選択欄(変数名, 項目名, 初期値)
    (PF_DIRNAME, "save_dir",  "保存ディレクトリ", "."),
 
    # 保存ファイル名の入力欄
    (PF_STRING, "fname", "保存ファイル名", 'dump_temp.txt' ),
 
    # 出力形式の選択欄
    (PF_OPTION, "kind", "出力形式", 0, ["text", "xml"])
 
    ],
 
  # 戻り値の定義
  [],
 
  # 処理を埋け持つ関数名
  python_fu_dump_layers_offsets
  )
 
# プラグインを駆動させるための関数
main()