※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

■未発覚状態を維持したまま討伐可能な敵に関して

◎はじめに
  • 高台において「未発覚状態を維持したまま討伐」できる狙撃ポイントが複数存在するが、ライトボウガン+サイレンサーの組み合わせを使えば、平地においても同様の効果を得られる。特にドス系に対して有効。以下、その詳細を記す。

◎条件
  • 以下の条件①かつ②を満たしたとき、平地・高台にかかわらず「未発覚のまま一方的に狙撃する」ことが可能になる。
  • ①射程距離 > 敵索敵範囲
  • ②狙撃時のヘイト値 < 発覚ヘイト値

◎未発覚状態時における狙撃後の行動パターン
  • 狙撃時の敵行動パターンは、以下の4つに分類される。

  ※待機型…狙撃を受けた地点から動かないタイプ
  ※徘徊型…狙撃を受けた地点からランダムで歩行と待機を繰り返すタイプ
  ※移動型…狙撃を受けるとエリア移動するタイプ
  ※逃避型…狙撃を受けると進行方向に移動するタイプ

行動パターン モンスター名
待機型 ドス系(ドスガレオス除く)、ババコンガ、ドドブランゴ、ダイミョウギザミ、ティガレックス、グラビモス、クシャルダオラ、ナナ・テオ・テスカトル
徘徊型 ラージャン、ショウグンギザミ
移動型 イャンクック、イャンガルルガ、ゲリョス、リオレイア、リオレウス、フルフル、モノ・ディアブロス、バサルモス、オオナズチ
逃避型 キリン

※ドスガレオス、ガノトトスは基本的に発覚を促さない限り狙撃できないため、除外。



■実戦における注意点および装備・戦術に関して

◎注意点
  • 理論上、待機型・徘徊型に属する敵は未発覚のまま討伐・捕獲が可能だが、実戦で確認できた敵は「ドス系(ドスガレオス除く)、ババコンガ、ドドブランゴ、ダイミョウギザミ、ティガレックス、クシャルダオラ(撃退のみ)、ラージャン」のみ。

◎装備・戦術例
  • 長射程狙撃による威力減衰を考慮し、以下の装備・スキルを推奨とする。

  • 装備例①<徹甲榴弾Lv1メイン>
   武器:ラーデグ+サイレンサー+可変倍率スコープ
   スキル:「砲術王」+「ぶれ幅DOWN」
   有効な敵:ドス系、ババコンガ、ドドブランゴ、ダイミョウギザミ

  • 装備例②<通常弾Lv2、Lv3メイン>
   武器:任意のライト+サイレンサー+可変倍率スコープ
   スキル:「火事場+2」+「ぶれ幅DOWN」
   有効な敵:ドス系、ババコンガ、ドドブランゴ、ダイミョウギザミ

  • 装備例③<拡散Lv2+毒弾Lv2メイン>
   武器:任意のライト+サイレンサー+可変倍率スコープ
   スキル:「反動軽減+1以上」+「ぶれ幅DOWN」
   有効な敵:ティガレックス、ラージャン、クシャルダオラ

◎敵別狙撃ポイント
  • ドス系…敵索敵範囲外となる任意のポイントから通常弾で狙撃。当たるとその場から動かなくなるため、一方的に攻撃可能。体力が減少するとエリア移動するが、その場で待機。同地点に来た際にふたたび狙撃し、足止めする。※走行中の敵への狙撃は難しい。方向転換するタイミング(場所)を狙うとよい。
  • ババコンガ、ダイミョウギザミ…平地での狙撃ポイント未発見。密林1の高台から狙撃すれば未発覚状態を維持できる。
  • ドドブランゴ、ラージャン…雪山3。項目別攻略参照。
  • ティガレックス、クシャルダオラ…雪山3および8。項目別攻略参照。