※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ロアルドロス

  • 肉質データ(P3双剣wikiから引用)
部位 怯み値
42 20 0 15 10 5 160
首(スポンジ) 45 20 0 15 15 0 220
背中 30 30 0 10 10 5 200
腹部 50 25 0 10 15 0
前足 30 15 0 10 15 0 150
後足 35 15 0 10 10 0
尻尾 42 20 0 5 10 0 180
【弱点部位】
 腹部>首(スポンジ)>頭≧尻尾
【硬い部位】
 前脚≧背中>後脚
【弱点属性】
 火>雷・氷
【特殊行動】
 水属性やられ   
【要注意攻撃】
 横転ころがり、サイドタックル
【攻撃パターン】
+ MH3G@2chwikiや過去作双剣wikiより一部引用・修正

スレでの通称は「ロアル」「ポンデライオン」など。
スポンジ部が外側・中身共にバナナに似ているため、そう呼ばれることも。
双剣使いにとってロアルドロス素材の防具や狂走エキスは序盤で重宝する。
序盤で鬼人強化の維持や水中戦を練習するのにも向いている。
乱獲して狩りの基本を学びつつ装備を整えよう。
慣れると水中戦がない亜種の方が楽かもしれない。

【陸上】
 どちらかというとロアルの右側が安全。
 前脚と後脚の間に入ると横転ころがりやサイドタックルが避けにくいため、
 なるべく外側・前後側から斬っていきたい。
 ブレスやボディプレスの水飛沫も注意。
 水属性やられになるとスタミナ回復が遅くなり、面倒なことになる。転がって治そう。
 陸上では大して強い敵ではないので、水中に入る前にダメージを与えておきたい。
 隙を見て確実に攻撃し、鬼人強化を維持して尻尾や頭の部位破壊を目指そう。

【水中】
 チャナガブルガノトトスと違って、相手の上方向はほぼ安全地帯。
 ターゲットカメラにより一瞬で相手の方向を向けるため、不意打ちを喰らう心配、回避後の軸合わせの手間が少ない。
 水中で同じ高さにいると、こちらの攻撃も当てやすいが逆に相手の攻撃も当たるようになるので注意。
 ターゲットカメラに向かって真っ直ぐ突っ込むと、相手の攻撃の軸に突っ込むことになるので、
 近づいたら左右回避・上昇下降を駆使し、相手の攻撃の軸から外れつつこちらの攻撃範囲に敵を収めるように戦おう。
 距離をとられたら全方位への追尾がある突進がくるので、モンスターと標的を結ぶラインから垂直方向に回避しよう。
 ここまでできるようになれば、ロアルドロス以外の水中モンスターとも十分戦えるだろう。

【転倒】
 転倒するのは四つの脚全て。
 転倒判定が出た脚と同じ側に倒れた後、3~4回程もがいて立ち上がる。
 弱点の腹部が剥き出しになるため、一気に畳み掛けたい。
 ロアルの背中側にいる場合は弱点・破壊可能な頭・スポンジ部分を。

【部位破壊】
 水中で狙った部位を破壊するのは少々難しい。
 できるだけ陸上時に破壊しておきたい。
 特に尻尾は水中戦で避けにくい尻尾打ちが当たりにくくなるため、戦術的にも狙いたいところ。
 逆にスポンジはタゲカメを利用していると水中ではよく当たる。地上では他の二ヶ所を優先したい。

相性の良い武器

火、雷、爆破から選ぼう。ロアルだけを相手にする場合は特に火か爆破が有効。
しかしそこまで気にするほどの敵というわけでもない。好きなものを選べばいいだろう。

 下位
 上位
 G級

お薦めスキル

  • スイマーなど水中戦補助スキル、水耐性【○】
あえて挙げるならこれらだろうか。序盤、慣れない内に。
耐性スキルは防具の水耐性を上げた方が手っ取り早いかもしれない。
あると便利だが、ロアル相手には無くても充分に戦えるようになりたい。

関連モンスター

  • 派生
  • 水中


名前:
コメント: