※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ベリオロス

  • 肉質データ(MHP3双剣wikiから引用)
部位 怯み値
60 30 10 25 0 15 180
30 5 5 5 0 10 200
背中
45 10 0 5 0 5
25 30 5 25 0 10 180
前足 30 15 0 10 0 5 200
後足 35 10 5 5 0 0 160
尻尾 40 15 0 10 0 5 200
【弱点部位】
 物理は 頭>腹>尻尾>後脚
 属性は 頭>翼>前脚・尻尾
【硬い部位】
 翼≧前脚>首・背中
【弱点属性】
 火>雷
【特殊行動】
 氷属性やられ  咆吼【小】
【要注意攻撃】
 タックル、ノーモーションの噛みつき・跳びつき
【攻撃パターン】
+ MH3G@wikiや過去作双剣wikiより一部引用・修正

スレでの通称は「ベリオ」「スベリオロス」など。
ティガやナルガを髣髴とさせる外見・動きで素早い攻撃を繰り出してくる。
ノーモーションの突進系攻撃は見極めが難しく厄介。
反面、スパイクになっている棘を破壊すると隙だらけになる。
棘は属性がよく通り、双剣の手数だとかなり楽に破壊できる。
高速の動きにも対応できるため、双剣とは相性がいい。

【立ち回り】
 まず最優先して翼棘の片方を破壊したい。
 開幕から閃光玉や落とし穴を使用し、ラッシュをかけてとにかく破壊を目指そう。武器が最終強化前なら爆弾を使ってもいい。
 スパイクがなくなりスベリオロスになれば回り込み時に隙ができ、非常にラクに戦える。
 狙う棘は自分が回り込む側を推奨(ベリオの右側に回り込む場合はベリオの右前脚の棘を破壊)
 以降、破壊した方に回り込むように動けばスベリオロスを誘発しやすくなる。
 正面は危険なので、基本的に回り込んで後脚から腹にかけて攻撃したい。
 後ろ側にいればベリオはステップか振り向く動作(90or180度)のどちらかをする可能性が高いので
 90度振り向いたら離脱、とすれば安全に戦える。
 攻撃的に攻めたい場合、ベリオの攻撃後の隙や振り向き時を逃さず頭を斬ろう。
 「回避性能」発動時はしつこく斬ってもいいが、ない場合は基本通り一、二撃加えて離脱。
 乱舞のタイミングはなかなか無い。「耳栓」発動時には咆哮の際に使用してもいい。

【転倒】
 転倒するの四つの脚全て。翼棘破壊時や飛行中の閃光玉効果でも倒れる。
 転倒判定が出た脚と同じ側に倒れ、3回程もがいて立ち上がる。
 首・背中は硬めで属性もあまり効かないので、冷静に尻尾や頭などを斬っていこう。

【部位破壊】
 頭、翼棘、尻尾(切断)が破壊可能。頭は怯み2回、棘は怯み1回で破壊。
 優先すべきは棘。【立ち回り】で書いたように開幕直後に片方だけでも真っ先に破壊すべし。
 前足ではなく、しっかり翼を狙わないと破壊できないので注意。
 翼はやや硬めだが属性はよく通るので、属性特化した火双剣か爆破で一気に畳み掛けたい。
 棘を破壊すると転倒するので更に頭へ追撃しよう。
 頭は攻撃後の隙に意識していればそう難しくない。
 尻尾もそこまで難しくないが、他の部位に比べると面倒。尻尾が欲しい時は物理重視で攻めよう。
 ベリオ以外にも言えることだが、爆破属性を使用し全部位破壊する場合は先に棘や頭部(尻尾切断以外)を破壊しておいた方がいい。
 切断に爆破は意味がなく、尻尾を攻撃中に爆破発生→頭を破壊したい時に爆破値が溜まらない、というのを防ぐため。

相性の良い武器

火属性推奨。爆破が出てからは爆破でも。雷も火に次いで効く。
火:下位・上位では役に立つ。G級ではコウリュウかスノの二択になるが、どちらも作成難易度が高いのが問題。スノだと頭・棘はともかく尻尾切断が難しい点にも注意。
爆:開幕の棘破壊が要であるため相性がいい。ちゃんと開幕時に棘破壊が狙えるなら。
雷:クリアだけを考えるなら雷でも問題ない。G級はエントラージが優秀で使いやすいという点もある。また、亜種にも氷に次いで効く。

 下位
 上位
 G級

お薦めスキル

  • 耳栓
開幕での棘破壊に大いに役立つ。

微妙なスキル

  • 回避性能
ベリオには耳栓の方が推奨されることがある。
あると便利なのは確かだが、なくても立ち回れるようになりたいところ。
TAなどでは削ってみよう。

お勧めアイテム

  • 閃光玉、落とし穴
開幕時に使用し、一気に棘を壊したい。
閃光玉は飛行時に墜落させられるのでエリア移動時などに狙ってみるのもいい。

関連モンスター



名前:
コメント: