自動起床装置


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

辺見庸 文藝春秋 (1994/09)
「もの食う人びと」の辺見庸

「起きるというのは、眠りに入るのとおなじくらいデリケートなことなのに」

併録の「迷い旅」が印象的。内戦時のカンボジア。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。