1日目 マドリッド着


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

初日―7/19―

 成田発ロンドン行きのブリティッシュ・エアウェイズの出発が1時間遅れ。時間つぶしに空港内で発着を見ながら蕎麦食べる。月見そば。
 成田→ロンドン間で相方がやられる。飛行機酔い。飛行機にはパーソナルモニターが付いてた。何度か国際線に乗ったけど、これは初。映画「SHOOTER」を見る。台詞が説明的で木いちご賞。CDも聴けた。
 ロンドン→マドリッドは遅れの影響でブリティッシュからイベリア航空に変更。機内食が無い。マドリッドの空港着は結局夜10時ごろ。予定より2時間遅れ。
 ユーロがまったく無いので両替所に行くと、「シフトチェンジ中だからすこし待て」と。シフトチェンジで客を待たせるとは。結局20分くらい待たされて、相方と合わせて3万円分の両替完了。レートは1ユーロ182円(くらい)。円が弱い。日本で予約しておいた宿に電話し、到着が遅くなる事を伝える。市内に出てから食事ができそうに無いので、空港内のマクドナルドで食事。「ハッピーメニュー」みたいなのを頼む。シュレックのおもちゃが付いてきた。日本で言うところのハッピーセットか。フィッシュバーガーはケチャップ。タルタルソースの方がうまいと思う。デザートにカットされたリンゴがの袋詰めが付く。切ったリンゴが袋に入って付くのは初めて見た。
 メトロを乗り継ぎ、マドリッドの中心部のSOL駅に到着へ。始めてくる国でいきなり深夜の地下鉄はやはり少し身構えた。SOL着は12時過ぎだったが、繁華街のSOLはまだ人が多い。SOL駅から徒歩3分ほどの宿に到着。宿の女の子が迎えてくれた。この子は英語OKで助かる。宿はトイレ・バス付き二人部屋で46ユーロ。感じも良いし、そこそこ綺麗だから満足。持ってきたハッピーメニューのリンゴを食べてシャワーを浴びて、寝る。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。