自転車レンタル、パリ市内全域で・脱自動車の切り札に


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

NIKKEI NETより

パリの市内全域をカバーする自転車レンタル制度「ベリブ」が15日始まった。慢性的な交通渋滞に悩むパリ市は、自動車の通行規制を段階的に強化しており、今回の自転車レンタル制度を脱自動車の切り札にしたい考え。
―中略―
「ベリブ」は市内の約3、400メートルおきに設けられた駐輪場に、小型駐輪機が十数台分ずつ据え付けてある。利用者は券売機で乗る時間だけの券を買い自転車を借り、乗った先の駐輪機で返す。料金は1日が1ユーロ(約168円)で、1週間券(5ユーロ)などもある。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。