gap-filling


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Penman-Monteithを使う場合・・・

FAO P-M

10日~1ヶ月スケールへの適用が前提。
Crop areaからの蒸発散が対象?

Malhi et al., 2002 (for LBA)

Solar radiationを説明変数とした多項式でフィッティングして、LEをgap-filling.
一応、乾季と雨季に分けてい行っている。

Falge et al., 2001 (for EUROFLUX, AmeriFlux)

Falge et al., 2001(本論文とは別のもの)の2つの方法(MDV、LookUp-table)でLEを埋めている。
LEを埋めるには、LookUpの方が良さそうに見える。でも、Lookupは季節ごとに温度と放射を変数として埋めている。もともとはNEE用。これは本当にLEに使ってよいの?
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。