勉強はそれからだ -象が空をIII-


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

勉強はそれからだ
沢木耕太郎 文春文庫

以前「敗れざる者たち」を読んだ際に、沢木耕太郎は夭折への憧れや強い思いがあるのではと感じたことがある。
本書収録の「死ぬ、生きる」では、浅沼稲次郎と、彼を刺殺し17歳で自殺した山口二矢を書いた「テロルの決算」について、それを書いた最大の理由は、自身が当時「夭折者への『執着』に近いまでの関心」を持っていたからかもしれないとしている。
やはり当時の沢木耕太郎には夭折者への強い思いがあったようだ。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。