旅する力


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


沢木耕太郎

沢木は駆け出しの頃に出入りしていた放送専門誌の編集部で、「面白がり方」の技術を体得したと言う。
「面白がり方」、ものごとの見方の角度を体得することの重要性は、ライターに限ったことではないだろう。
研究者を志す学生にとって良い環境とは、どんな研究が面白いか、その感覚を空気感染のような形で身につけるられる場所だと、ある人に言われたことを思い出した。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。