れーだーあめだす


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 流域平均でなく、各グリッド毎の値を見る。

  • それで、横軸が標高の図を作る。
 (そうすると、たとえば横軸で2000mのところには、標高2000mの日本中のグリッドの平均値が示されることになる。複数のグリッドがあるだろうから、降水量の平均値だけでなくて、幅(標準偏差とか)も示されているといいかも。)

  • 横軸で2000mのところといっても、標高2000m丁度のグリッドはないだろうから、たとえば1950-2050とか、1900-2100とか、そういう区切りをして、その中は同一の標高グループとして扱う。

  • 季節毎、あるいは月毎の図とする。で、冬場を中心に見る。

  • 場所も、東北以北とか、中部以北とか、関西以北とかに限定したり分類するとか。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。