艦上機搭乗員


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

空母の戦力の要は艦上機であり、この艦上機を動かすのが艦上機搭乗員である。
その花形は様々な映画で描かれているように戦闘機の操縦士であるが、
このほかにも空母を支える上で無くてはならない様々な搭乗員(=クルー)が存在する。

操縦士
いわゆるパイロット。ただしアメリカ海軍においては「(ネーヴァル・)アヴィエイター」と呼ばれており、
これは英語では水先案内人も「パイロット(pilot)」と呼ばれることに起因している。
ちなみに現実では戦闘機、攻撃機、早期警戒機、輸送機、ヘリコプターなど機種によって免許が異なるため、
一種類の免許でどんな航空機も飛ばせるという訳ではない。
機上レーダー員
複座機の後席などでパイロットの補佐をする。最近では電子戦士官を兼ねることも多い。
電子戦士官
電子戦機に搭乗し、敵の電波を妨害したり、電子的攻撃を加える。
機上管制官
早期警戒機に搭乗し、機上から航空作戦の指揮を行う。
対戦捜索員・対潜攻撃員
対潜哨戒機、ヘリコプターに搭乗し、敵潜水艦の捜索・攻撃を行う。
ロード・マスター
輸送機・輸送ヘリコプターにおける貨物室クルー。貨物搭載のスペシャリスト。
ヘリの場合はドアガンナーをつとめる事も。
パラレスキュー
救難機・救難ヘリから降下し、要救助者の救難に従事する。


※海軍では原則として操縦士は士官がつとめる。このため操縦士の資格として、
大学ないしそれと同等の教育を修了している必要がある。
その後の操縦士養成課程では座学や基礎訓練を始めとして厳しい選別が行われた後、
最終的に離着艦訓練に合格した者のみが海軍操縦士記章を授与される。
卒業できるのは入校時の1/3程度の人数のみであるとされ、非常に狭き門であると言えるが、
脱落者にも機上レーダー員や電子戦士官などの他の搭乗員への道が開かれている。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。