Mig-39


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Mig-39A  ※

機体
乗員:最大2名 ※
全長:24.28m ※
全幅:最大15.9m、最低4.67m ※
全高:4.86m ※
重量:最大32,100kg ※
エンジン:AL-37FU ×2(ターボファンエンジン)
     NME-1 ×2(スクラムジェットエンジン) ※
          SRE-5 ×1(固体燃料ロケットエンジン) ※

性能
巡航速度:M2.1 ※
最大速度:M11.2 ※
航続距離:9200km ※
上昇限度:85km ※

兵装
固定武装:GSh-30-1 30mm機関砲×4(左右主翼付根付近に二門ずつ)
ミサイル:R40-R×2
     R-60×4
          Kh-59×2
     R-77×4
特殊兵装:アルカリ金属反応爆弾(ナトリウムの塊を水に落とすことで、起こる反応を利用した爆弾。水質汚染の可能性あり)×1 ※
状況に応じて、ミサイルの搭載数を増やすことも可能

特殊機能
赤外線/紫外線カメラ
ターゲットホーミングシステム(THS)…ロックオンしたターゲットを機体も追尾するシステム ※
ロングロックオンレーダー(LLR)・・・500km先の対象もロックオン可能なレーダー ※
ファイブターゲットロックオンシステム(FTLS)・・・5機までターゲットをロックし、一気にミサイルを撃つWCS(火器管制システム) ※
対ステルスレーダー(ASR)・・・ステルス戦闘機でも発見することのできるレーダー。ただし限度あり ※
アクチュエイターを油圧システムから人工筋肉へ変更

戦闘能力  ※
シミュレーションでは、F-22を二機相手にとってもドックファイトであれば勝利できる
宇宙空間まで行くことはできないが、通常の戦闘機では不可能な高度まで上昇可能
サポートするためのAIも搭載し、搭乗者が意識不明な場合はAIが機をコントロールする
改良により、超機動性を獲得。燃費も向上し、更に強力になった
可変翼機。推力偏向ノズル

※がついているものは仮想データです
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。