Su-27KM


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


狭い空母において、少ない機体数でも十分な制空・防空性能を発揮出来るよう開発された艦上戦闘機
エンジンには二次元推力偏向ノズルを、主翼には艦載機としては珍しく前進翼を採用し、
前進翼・カナード翼・水平尾翼でスリー・サーフェイス(三面翼)を構成している
前進翼は低速域での空力効率の増加をはじめ揚力の増加、亜音速での航続距離の増加、亜音速での良好な操縦性
着陸距離の短縮、低速度の失速、アンチスピン性能の改善、機体容量の増加などの特性をもたらしている
また、この主翼は大きく折りたたむことが可能で駐機スペースをコンパクトにしている

仕様(実在する陸上タイプのSu-47のもの。あくまで参考程度に。)

乗員: パイロット1名
全長: 22.60 m
全幅: 16.70 m
全高: 6.40 m
翼面積: 56.0 m^2
空虚重量: 24,000 kg
運用時重量: 25,670 kg
エンジン:ソロヴィヨーフ設計局製D-30F6×2
推力(A/B):15,600 kgf ×2
最大離陸重量: 34,000kg

性能

最大速度:2,500 km/h
航続距離:3,300 km
上昇率:233 m/s
最大運用高度:18,000 m
翼面荷重:360 kg/m^2

兵装

GSh-30-1 30mm機関砲×1門(搭載弾薬150発)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。