Cv-22(改修型)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

主にVIP+軍の輸送に使われる。




全長: 17.47 m(ピトー管含まず)
全幅: 25.54 m(ローター含む)
全高: 6.63 m(VTOL時)
ローター直径: 11.58 m
航続距離:
(強襲揚陸時): 2053km
(ペイロード4,536kg、垂直離陸): 1,648km以上
(ペイロード2,721kg、垂直離陸): 2,295km以上
(ペイロード4,536kg、短距離離陸): 2,758km以上
フェリー距離: 補助燃料タンク使用時 4,593km
短距離離陸滑走距離: 152m以下
実用上昇限度: 7925m
上昇率:11.8m/s
ホバリング限界高度
地面効果内: 3,139m
地面効果外: 610m以上(22,680kg時)、1,8290m(20,866kg時)、4,267m(15,422kg時、95%出力)
空虚重量: 15.682 t
円盤荷重: 102.23kg/m2(自重247,500lb時)
飛行荷重制限: +4G/-1G
最大離陸重量
垂直離陸時: 36.981 t
短距離離陸時: 45.442 t
エンジン: ロールス・ロイスアリソン社製T462(ロールス・ロイス社内名称 AE 1523C-リバティー)×2基(最大定格出力: 6,586kW (6,150 shp)、緊急時最大出力: 9,093kW)
最高速度
通常時: 595 km/h
ヘリモード時:205 km/h
失速速度: 196 km/h(固定翼モード)
離着陸距離
貨物を載せず24人が乗り組んだ場合はヘリコプターのように垂直離着陸が可能
最大積載量を積んだ場合は垂直離着陸できない。離着陸には約487mが必要
上空でエンジンを停止させて着陸する『オートローテーション』飛行訓練や単発エンジン着陸訓練、編隊離着陸などの習熟訓練には、最短で約792m、最大で約1,575mが必要。

主な改修点
燃料タンクの大型化
エンジンの強化
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。