軍事教育


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【軍事教育制度】
少年少女に軍事教育を義務付け、軍事学校に入学させる制度。
自衛隊の補助として他国との戦力差を補う目的で発案された。
軍事学校の生徒は武装を許可され、階級を有するなど軍隊に準ずる活動が可能になる。

適正検査が存在し、適正検査で条件をクリアした者のみが軍事学校の入学試験を受けられる。

義務とされているが、強要力はなく適正検査を辞退して通常の学校に進む事もできる。