※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ヴァンレオンについて

獅子王。ヴァンレオンと呼ばれている。

雪降る地域、エルナスの奥地にある城に住んでいる。
とても痩せた土地らしい。

王国が滅びた理由は反暗黒の魔法使い同盟によるもの。
黒い雲で空が覆われた日、平凡に見えた兵士たちが突然攻撃してきた。
ただし、(赤字)同盟の行動は理解できないところがある(赤字)…と近衛騎士団長のルーデンが明言している。

暗黒の魔法使いから得た力で真っ先に同盟を攻撃し、復讐はすでに終わっている。

昔はロマンチックで不器用で何よりやさしい人だった。良き王であった。

今は心が凍りつき冷たい目つき冷たい話し方になっている。
でもペンダントを大切に持っていたりと情にはまだ厚いようだ

未だに憎悪と復讐の念に囚われているが
イピアの絵の入ったペンダントを眺めて思い出したりもしていた
(しかし私に彼女を思い出す資格なんてない…もう私に似合わないとイピアに返すことになる)


セリフ

「…言葉は必要か?お前と私の間にあるのは戦いだけだ…」
「かかって来い。正義も論理も必要ない。」
「言葉だけでは意味がない。重要なのは行動のみ…歳月が私に教えてくれたのはそれだけだ。」

~獅子王の城 憂鬱の謁見室~
「ふぅ…」
「寂しい…」


関わりのあるキャラクタ

◆イピア
レオンの妻であり王妃。
何百年も前のある日でお祭りのある日、平民に変装したレオンに
市場で花を売っていたイピアが、花の1本も持たずにお祭りに来るなんて変だと
話しかけたのが出会いである。
それから縁を結び結婚することになり、夫婦にとって花は大切なものとなっている。
レオンがプロポーズした時も、白いスノーローズを渡している。
バラ園をプレゼントしたり、そのバラ園で一緒にフラワーブックを作ったりもしている。
反暗黒の魔法使い同盟に城が襲われた時、塔の中で煙で亡くなったようだ

◆キャッスルゴーレム
元の大半は王の騎士と兵士たちだが、
反暗黒の魔法使い同盟のスパイである兵士たちも隠れている

◆看守アニ
城に暗黒の影がさした後現れたモンスター。
どこから来たか、目的は何なのかは不明であるが
城に残っていた善良な人たちを次々監禁、
挙句の果てには王のところへ行く道を全て遮断した。