※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

○シズル[Sisel]  :蜷城 静流 〔HINASIRO SIZURU〕
  趣の魔女、その性質は『平穏/粛清』。
ロベルタは自身の母親で、同じく魔女となった。
エリーとはゲーム友達で、時々さやかの家に遊びにやって来る。
普段はいわゆるキモヲタ口調で喋ってるのだが、戦闘の時は冷徹かつ好戦的
な言動を早口で喋ったり、乙女みたいな口調に時代がかった口調と人格にバラつきがあるが、後に纏まって落ち着いたようだ。
元々の素質は並みではあったが、自分のソウルジェムが濁らないという特異な性質、加えて幾多の戦いを経て見滝原で伝説と言われるほどの実力者となった。

自身が幼いころにワルプルギスの夜が襲来し、家族は散り散りになってしまい、見滝原市から遠く離れた孤児院に預けられていた。このとき、自分の両親が何者なのかを知らず、その事を知りたかった彼女はQBに『過去に何があったか教えて』と願った事でその事実を知った。
それから2年後に見滝原市を襲ってきたワルプルギスに善戦を繰り広げてきたが、それも空しく敗北、グリーフシードが瞬時に濁り魔女となった。

魔法は『過去の記憶を読み取る』。対象者の記憶を読み取ることで、瞬時に素性を把握する。しかし、魔女の悲しい過去まで知ってしまう上に、ソウルジェムが濁らないという要因が重なってしまい、シズルの人格をバラバラにしてしまう事となった。
武器は『薙刀』。他の日本武器も呼び出せる事も出来る。