※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。




「…今起きている事が全て現実だとしたら、
私はとんでもない事に巻き込まれてしまったのですね」



○志筑 仁美 〔SIZUKI HITOMI〕
まどかさやかの親友。
緑がかった髪と眼の色をしている。
どの時間軸においても仁美が魔法少女になることは無かったが、魔法少女であるさやか達と多く関わった事によって因果律に巻き込まれ、QBを視覚することが出来るようになった。後に「魔女と化したさやかにもう一度闘う力を」の願いで魔法少女となった。

固有魔法は、『魔女が魔法少女だった頃の力を引き出す』。
魔女は魔力の源、『ソウルジェム』が濁る事で生まれ、魔法少女としての力は失う。この魔法は、ソウルジェムを彼女に触れさせる事で、その力を取り戻す事が出来る。
ソウルジェムは緑色で、変身すると三日月型になって右腕に埋め込まれる。
武器は『双頭の鎖鎌』で、2つの大きな鎌に鎖がつながったものである。(それを見た杏子は「魔法少女というよりか死神に近いだろ!」という感想を残している)
鎌で敵を切り伏せるのは勿論、鎖鎌の要領で対象を捕縛して引き寄せる芸当も可能。
2つの鎌は『魔女』と『魔法少女』を表し、鎖は『魔法少女と魔女を繋ぐ存在である仁美自身』を表している。
嗜みに武術を学んでいるのか、素手でも十分戦える。
業火無双鎌舞(ごうかむれんぶ)
鎖を自分の周りに絨毯のように敷き詰めて、鎌を高速回転させて摩擦熱と魔力により発火させ、 その勢いのまま振り回して舞うように攻撃する必殺技。 
元は読者が考案したものである。


「私が…この、志筑仁美がッ!!
あなたを絶望から救い出して差し上げますッ!!!」