※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



「こんな私でもあんな風に誰かの役に立てるとしたら、それはとっても嬉しいなって思ってしまうのでした」


○鹿目 まどか 〔KANAME MADOKA〕
原作における主人公。
魔女化した自身、クリームヒルトとはとても仲良しで、大体いつも一緒にいる。笑い声は『てぃひひ!』

いつも通りに魔女の結界に巻き込まれてしまい、そこで魔女と魔法少女の存在を知った。
ほむらの時間遡行によって莫大な素質を持っており、その為によくQBに勧誘されるが、真実を全て知っているマミに色々と説明されたのか最初から契約するつもりはないようだ。魔法少女になったQBを使えば何度でも願いを叶えられることができる。まあ、QBに無茶な願いをしては困らせているという困った癖があるのだが。

クリームヒルトの魔力をリボンに通じて受ける事により、擬似的な魔法少女になれる。原作でマミがバットに魔力を注いでステッキに変化させた原理とほとんど同じ物だろう。
武器は『魔法弓』。追尾能力を有する光の矢を放つ武器。クリームヒルトの魔力の影響か不明であるが、元々魔法少女として使うはずだった物より黒くなっている。