延長魔術


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

‐起動した延長魔術‐

~魔術名:四月馬鹿~
■概要 :エイプリルフールの日本名。対魔術用魔術
■効果効能
魔術に対して、設定されている対象・時間・効果を少しだけ歪め『偽り』にする。

■魔力根源:地脈、または彗星
  • 彗星(エレニン彗星)
その余波に「生命(力)を運ぶ」という魔術的意味が含まれている彗星。

※彗星が地球上の生命体の素となる化学物質を運んできたという説は昔からある。
もともと彗星自体が小さいので余波もそこまで大きくない。日付が変わるぐらいになったら勝手に消える程度のもの。

■『ノアの箱舟」への理由
同じ日しか発動できない上、パラレルという『嘘』の意味合いと引き合ったため

■偶然(発動原因)
条件1、魔法陣
条件2、彗星
  • 本来発動条件の通信網の陣、魔力根源の彗星などが合わさらなければいけない魔術。
今回、AIM拡散力場より『嘘』という意味同士で繋がった通信網が歪み・統合した結果偶然魔法陣を描いた。
そして、彗星が『四月一日』に到達、そもそも彗星自体は魔術に与える影響もそこまで大きくならず、効果など含めて十数時間程度の制限のものだが、『四月馬鹿』発動と共にネットワークに力を与え『ノアの箱舟』と同調、大きな延長へとつながった。