魔術サイドについて


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

■何故学園都市に魔術師が集まったのか
  • 外部勢力による悪意的要因なのか、自然発生なのかが不明なため魔術サイドに協力を依頼。
  • 行動している部隊などは多く、魔術サイド全体が行動中。
  • 姿は見えないがステイル部隊とかアニェーゼ部隊なども動いている。
  • 土御門など丁度いいから身近な場所で護衛できるということで、祭典に参加。

■魔術師が何故、違和感を覚えるかについて
例:「御使堕し(エンゼルフォール)」の際に、土御門と神裂は寺院に逃げ込む事により中途半端ながらも効果から逃げていた。

4月1日の「ノアの箱舟」については、禁書世界では「当然の出来事」と認識されているので、魔術サイドの人間は効果から逃げる為に『聖域』に逃げ込むなり、強力な防御魔術を施している。
これにより魔術サイドの人間は「分裂もしなければ、違和感にも気付く」。
そして4月1日に「エイプリルフール」と名付け習慣づけたのは、魔術サイドに関わっていた人達の企み。
世界の異常を――混乱や違和感――少しでも緩和させる為。「嘘をついても良い日」とすることにより、一定ラインの不可思議現象は闇から闇へと葬られていく。それと同時に、魔術サイドは表の世界に、魔術がバレないように正午12時になるまで、影から世界を監視し、世界が混乱に陥らないように管理していた。

■寺院&防御結界
寺院&防御結界二つで、ようやく半分、効果から逃れた。
4月1日の「ノアの箱舟」については、「当然の出来事」と認識されているので、魔術サイドの人間は効果から逃げる為に『聖域』に逃げ込むなり、強力な防御魔術を施している。
この部分で「ノアの箱舟」は当然くる必然の結果。「エンゼルフォール」は偶発的に強襲された結果。その差で寺院だけでも結界を事前に準備してるため守られる。