我那覇響


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『2』で765プロ所属のアイドルとして初めてプロデュース可能となる。以前からダンスが得意だと語られていたが、明確に数値化されたことでダンスイメージの初期値が菊地真を抜いてトップとなった。765プロに来る前にアクターズスクールに通っていた過去がある。その他「父親を亡くし生活を支えるために上京」「電車に乗ることが苦手で殆ど歩いて移動」と言った後付設定がある。

他のアイドルを基本的に呼び捨てだが、あずさには名前に「さん」付けで呼び、事務員の音無小鳥に対しては「ピヨコ」と呼んでいる。 亜美・真美には「ひびきん」という愛称で呼ばれている[32]。

テレビアニメ版では目立った八重歯が特徴的になっている。また、「父親を亡くし生活を支えるために上京」「電車に乗ることが苦手で殆ど歩いて移動」という設定は特に描かれていない。動物関連や体力関連のイベントや企画が多く、765プロ1stライブ成功後はいぬ美と共に出演する動物番組を持つようになる。飼っている動物たちの食事は自分で作っているが、仕事が忙しくなって時間が取れなくなった影響で市販のエサをやるようになったため、動物たちと不仲になった時期がある。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。