秋月涼


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

。765プロの有名アイドルの一人・秋月律子のいとこ(劇中での関係は姉弟に近い)。世間一般には女性アイドルとして認識されているが、実は男[54]で、アイドル活動時は女装した上で女性として振舞っている。女装時はパッドを使用している(そのため、スリーサイズのバストはパッド込みの数値である[55])。正体を知っているのは従姉の律子と、876プロ内では石川社長とまなみだけで、彼の正体を見抜く人物も響と貴音、武田等ごく少数である。ゲームでは初のシルエットではない男性キャラクターになる。

男性から何度も告白されてしまう不遇な自分を変えるため、イケメンアイドルを目指して律子を頼るものの、「765プロでは無理」と断られてしまう。代わりに876プロを紹介されるが、成り行きで女性アイドルの代役として女装してステージに立ったことで、律子とまなみから女性アイドルとしての実力を見出される。両者から選択を迫られ、男性としてデビューできると言うまなみの言葉から876プロへの所属を決めるが、石川社長のゴリ押しとまなみの裏切りで女性としてデビューを決定される。当初は嫌がるが、女性アイドルとして成功してみせれば男性アイドルとして再デビューすることを検討するという口約束を条件に、渋々これを承諾する。

物腰が柔らかく落ち着いているが、芯は男らしくて強い。特技は料理、ダンスなど。(特に料理に関しては休日に料理の仕込みから入る等かなり入れ込んでる)怪談や幽霊が苦手。褒められると若干うろたえてしまう。女顔でスレンダーなスタイル。共学校に通っている[56]にも関わらず、男子に告白される。「ぎゃおおおん!」という悲鳴が特徴。

瞳は茶、髪型は茶のショートエアリーボブに寝ているアホ毛が2本。普段の少年としての姿では、律子を彷彿とさせる黒縁でスクエアフレームの眼鏡をかけ、「@」と「RITSUKO」の文字が入った律子のファンアイテムの緑色のTシャツを着ている[57]。

持ち歌:「Dazzling World」 作詞:不明(恐らく武田蒼一) 作曲:武田蒼一(何れもゲーム内の設定)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。