めざ☆ゆめ

「ふああ、おはよう」
「あ、おはようこなちゃん♪」
「のあ! なんでかがみがうちにいるのさ!? しかもこなちゃんて」
「何言ってんのよ。昨日あんたの部屋に泊まったじゃない」
「え。泊まったって、かがみが……?」
「もう……忘れちゃったの? 殆ど寝させてくれなかったくせに」
「な、何ぃぃぃぃぃぃぃ!?」

 

「何ぃぃぃぃぃぃぃ!?」
「な、何なのよいきなり」
「え? あれ、ここ、私の部屋? ていうか……朝?」
「変な夢でも見てたんじゃないの」
「あはは、そうみたい。ごめんごめ……え?」


 「で、今度こそちゃんと目は覚めた?」
「はい、しかと」
「ったくおかしな夢見てんじゃないわよ」
「ははは。ごめんごめん」
「結局あんたのせいでほとんど寝られなかったのはほんとだけどね。今度から宿題は自分でやりなさいよ」
「ちぇー、あっちのかがみもよかったかなぁ」
「……何が?」
「いやぁ、あっちのかがみは可愛かったなぉ……なーんて」
「そうなんだ。私よりあっちの子がいいんだ…‥」
「え、かがみ?」
「渡さない、こなたは私のものよ……渡さない渡さない渡さない……」
「ちょっ何を! かがみやめ」

 

「――っ!」
「あ、こなた目が覚めた?」
「えーっとぉ……かがみ?」
「寝ぼけてるな。朝ごはん出来てるから早く来るのよ」
「あっるぇー!?」


「かがみってさ、料理上手だよね。このお味噌汁とか、すごいおいしいし」
「そ? ありがと♪」
「うん……でさ、かがみ、前から料理上手かったっけ?」
「? 私に料理教えてくれたのあんたじゃない」
「私……が?」
「こなた? あんた大丈夫?」
「だ、大丈夫、なんでもな――わっ」

 

「……た、こなた」
「ん……かがみ?」
「いつまで寝てるの、遅刻しちゃうわよ?」
「あ、うん」
(牛乳こぼして、また、か。何かしらのイベントが起こると……。これってただの夢? それともループ入っちゃった?)


 「この……真っ黒なのは何?」
「め、目玉焼き?」
「疑問系ですか」
「いつの間にか、ね」
(このかがみの特徴は料理ベタか)
「全くかがみってば、料理ぐらいできるようになりなよ~」
「ごめんね、今度は失敗しないから」
(!? ま、まさか……)
「じゃ、今度教えてあげるよ」
「ホント? ありがと!」
(やっぱり! このかがみは素直なんだ……やばい、これは萌える)
「あ」
「え? ぐっ――」

 

「しまった……無意識に黒こげ食べちゃったよ……そりゃ飛ぶわ」
「こ~なた。起きた?」
「おー、かがみんやーおはよう」
「うん、おはよ♪」
(おっふぉ、これまた萌えそうな予感が)


「もう! なんで悠長に『起きた?』なんて言ってるのさ! 遅刻だよ遅刻!」
「だ、だって、気持ちよさそうに寝てるのを起こしたら、可哀想じゃない」
(優しい子? ……いや、天然系か)
「あ、そうだこれ!」
「なんですかこの、みっどーり↑な液体は」
「特製のかがみ汁よ!」
「そうなんだ! なにが入ってるのかな!」
「えーとね……うーん……、とにかく体にいいもの沢山入ってるわよ!」
「へー……で、飲めと? 今?」
「そうよ! はい、どうぞ!」
(うっは、この満面の笑み。可愛いなぁ。くそー飲むしかないじゃん)
「――あっふぉぁ!」

 

「ふぃー、天然って怖いね~やっぱり二次元最高だね」
「こなた、おはよう」
「おっ、おはよう」
「着替え、出してあるから、済んだらご飯にしましょ」
「はーい……」
(このかがみは普通でありますように!)


「ハンカチ持った? ティッシュは? 教科書とかも忘れてないわね?」
「大丈夫だよ……」
「よし。ああ、ほら髪が乱れて、リボンも曲がってる。ちょっと待って」
(このかがみって、こう……世話焼き?)
「いいよそれぐらいー」
「よくない。女の子なんだからちゃんとしなさい」
(うう……細かすぎるよー)
「うん、可愛くなった。これでOK.。っと、はいこれ」
「なんですかこの不思議な色の液体は」
「特製ドリンクよ? いつも飲んでるじゃない」
(うそん……また、このパターン?)
「いつも飲んでるんだ……因みに何が入ってるの?」
「ゴーヤ、ケール、クレソン、よもぎ、ニンジン、トマト、ピーマン、セロリ、レタス――」
「わ、わかったから、もういいから……」
「じゃ、どうぞ」
「俺は海賊王に! ごふっ――」

 

「いやぁ、入ってるものが分かるのも考え物だね、うん」
「おはよぉぅっ!」
「おはよー」
(速攻コケたかー、このかがみは予想つくね)


(あれから階段を一段踏み外し、扉にぶつかり……間違いなくドジっ娘。朝食任せるのがすごく不安だよ)
「おまたせこなた! どう? 私だって出来るでしょ!」
「た、確かに」
(意外。本当に出来てる。オムレツはちゃんとしてるし、パンも焦げてなくてジャムも手作り……)
「召し上がれ♪」
(そうだ。ドジっ娘=料理が出来ないわけじゃないんだ。つかさがそうだしね。ごめんねかがみ)
「いただきま~す! ――んぅ」
「?」
「かがみぃ~このジャム何を、というか味見、した?」
「ただのイチゴジャムだけど。あむ。……からうぃ……」
「砂糖と塩、間違えたでしょ」
(なるほど、こっち方向で)
「う……代わりもってくる」
「ああ、いいよ。別に無理に――ってかがみ危ない!」
「え? ノゥ!」
「イエス!」

「――しちゃった……いくらなんでも、ベタすぎだよ……コケたドジっ娘と……き、キスなんて……」
「んぁ……こなた、おは、よ」
「……あが……なん、なんでかがみが私のベッドで……」


「なんじゃこりゃーーー!」
「朝っぱら大声出さないでよ……」
「……?」
「どうしたのよ?」
「……結構驚いたんだけど、飛ばない?」
「はぁ? 飛ぶって何よ?」
「いや、ほら。ちょっとしたイベントというか衝撃で次の世界に……あれ?」
「あんた……ついに……」

「どう?」
「はい、本当に全部思い出しました」
「述べてみよ」
「宿題の手伝いを頼んだらかがみが快く――」
「捏造するな!」
「ふもっふの同人誌でかがみを釣って――」
「そこは省略しろ!」
「注文多いなぁ……とにかく、宿題手伝ってもらってうちにお泊りを」
「で、私にベッドで寝ろって言ったあんたが、私が寝静まった頃に潜り込んできたと」
「いやぁ、せっかくだし……ってそれを知ってるって事はかがみ?」
「ち、ちがっ。それは、その……」
「ふむ。デレデレかがみん」
「なっ!」
「ヤンデレかがみん」
「は?」
「料理上手なかがみん、素直なかがみん」
「おい」
「天然かがみん、世話焼きかがみん、ドジっ娘かがみん、と今のかがみんにない要素を見てきたわけだけど」
「確かにないけど、いくつか引っかかるんだが」
「このかがみが一番好きだよ♪」
「ばっ、なっ、なに馬鹿なこと言ってんのよ! 好きだなんてそんなっ……」
(う~ん。やっぱりツンデレかがみん萌え~)

 


「ふふ。いい夢が見れたようね~。次は誰に見せてあげようかしら?」
「まだやるのか? 物好きだな」
「大切な人のいつもと違うところを見ることで、改めて、その人の今が素晴らしいことに気付く……素敵でしょう?」
「ふむ。まぁ、もっとも私は、そんな事をせずとも、今のお前が最高あることを知っているがな!」
「もう、お世辞がうまいんだから」
「お世辞ではない! なぁ、結婚してくれ~」
「また冗談ばっかり――」

 


予告編

 

「かがみ!」
「つかさ……?」
「みゆき、さん……」

「なんで……こんなの、嫌……」

「あの子らは前に見せたはずだろう」
「違うわ……今度は私じゃないの!」
「何!?」

「あはははは! 積年の恨み……今こそ晴らしてやる……!」


「彼女たちは悪夢の迷宮から抜け出せるのか……! めざ☆ゆめ、劇場版っぽいの、その内公開……かも」
「その内な上に決まってないんかいっ」
「あたー! いや、だってかがみん、うちの作者書くペース遅いしさ」
「まぁ、否定は出来ないけど。あ、そうだ。劇場に来ていただいた方には我が愛しの下僕、こなたのアホ毛ストラップをプレゼントします」
「!? 貴様! ツンデレかがみじゃないな!」
「さあ、どうかしらね。くく」
「ひっ! ……この目……背筋が凍る感覚……私、このかがみを知ってる……?」
「なんでもいいわ。めざ☆ゆめ、劇場版っぽいの、その内公開予定だそうよ」
「乞うご期待!」

「あぁ、それとこの私が出演する女王様編もよろしく」


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。