~愛憎の陵桜学園~エピローグ

みさおが撃たれてから一週間が経過した
学校は休校になったが、明日から始まる手筈となっている
かがみは自室で、翌日の授業の準備をしていた
その顔に、憂いはない

「……ふう、完了。休校ばっかりだったけど、ちゃんと授業についていけるかな……」

かがみの今の悩みは、今までまったく勉強ができなかったこと。志望校に受かるかどうかが問題なのだ

ふと、机の上の写真に目が行った
写真の中にいるかがみとみさおが、こちらに笑顔を向けている
一ヶ月前にみさおと遊びに行った時に撮った、最初で最後の、二人だけの写真である

「……日下部……」

みさおは今、病院の集中治療室で眠り続けている
生命維持装置によって、かろうじて命を繋ぎ止めているのだ
かがみはみさおが病院に担ぎ込まれた日以来、お見舞いに行っていない
それが、自分の――みさおのためだと信じているから

(……日下部……私、もう大丈夫。一人は確かに寂しいけど……新しい友達も作る。だから、心配しないで……安らかに眠ってね)

かがみは胸に手を当て、未だ眠り続ける友へ祈った
目覚まし時計をセットして、ベッドに潜り込む

「……おやすみ……」

誰にともなく、かがみは呟いた 

・・・


「はぁ……黒井先生、前の授業内容忘れるとか信じらんない……」

あれから更に二週間。今日の授業を終えたかがみは一人きりの下校をしていた
たった一人での下校……それは、かがみにとっては拷問に等しいことである

「……ん、電話だ」

かつてこなたから勧められた着メロが鳴り響く
手に取り、開いてみると、電話の主は姉の柊まつりだった

「もしもし、姉さん?」
『かがみ!? い、今なにしてるの!?』

なぜか焦りまくっているまつり
戸惑いながら、ありのままを伝える

「か、帰ってる途中だけど……」
『ならすぐ病院に行って! 日下部ちゃんが……日下部ちゃんが!!』
「!!」

その宣告に、危うくケータイを落としそうになった
かがみは一方的に電話を切り、病院へと駆け出した!

(……日下部……もう『その時』なの……!?) 

一ヶ月が経過した今も、みさおは眠り続けている
まつりのあの慌てよう、おそらくみさおの容態が急変したのだろう
最期くらいは看取ってやろうと、そう思っていたのに!
せめて……せめて自分が病院に着くまで!!

(間に合ってよ……日下部……!!)


・・・


病院に到着し、受付のナースにみさおの居場所を確認した
みさおは集中治療室から出て個室に移動したということを聞き、全速力でみさおの病室を目指した
お見舞いに来た人間や患者にぶつかりそうになりながら、際どいところでそれをパスする
以前のみさおとまったく一緒だが……かがみはそれを知らない
そして、受付で言われた病室の前に到着すると、乱暴にドアを開け放った

「日下部!!」

そこにいたのは……生命維持装置を外された、みさおの姿だった

「そ……そんな……」

みさおは仰向けに横たわったまま、ぴくりとも動かない
その光景を見たかがみは、持っていた通学カバンを床に落とした 


――間に合わなかった

涙を流しながら、フラフラになりながら、かがみはみさおが眠るベッドへ歩いていき、みさおの手を握る
反応は……ない

「日下部……もうちょっと……待っててくれてもいいじゃないのよぉ……!!」

絶望にも似た感情が、かがみの心を支配していく
かがみの流した涙が頬を伝い、みさおの顔に落ちた
 
 
 
 
 
「ふぁあっ!!」
「え!?」

その瞬間、みさおが飛び跳ねた
かがみの涙が落ちたところを何度も拭っている

「あーびっくりした……おかげで計画が台無しじゃねぇか……」
「く……くさか……べ……?」

明らかにピンピンしている。一ヶ月前、死の淵にいた人間とは思えない
いや、それよりもなによりも……

「日下部……どういう……ことよ……」
「悪いな柊、ちょっとからかってみたんだ。お前の姉ちゃんに協力してもらってな。本当は昨日、意識を取り戻してたんだ」

みさおは手のひらをかがみに向けて身体を引かせると、何事もなかったかのように上半身を起こした 

「傷はもう大丈夫だ、あと一週間くらいで退院できるってよ。医者は『傷の治りが早すぎる』って驚いてたけどな」

なんと、みさおはすでに健康そのものになっていた
自分はもう大丈夫だとでも言わんばかりに立ち上がり、スクワットを何回かする

「……の……か……」
「へ?」

かがみが呟いた声にスクワットの動きを止め、キョトンとした顔でかがみを見つめた

「この……バカーーーーーーーーーーーー!!」
「のわっ!」

突然のかがみの怒鳴り声にみさおはひっくり返った

「あんた、私がどれだけ悲しんだかわかってるの!? 姉さんから電話を受けた時、本っっっ当に怖かったんだから!!」

あまりの迫力に、みさおは反論できないでいた
いや、それだけでない。今になって、相当の罪悪感を感じていた
みさおにとっては軽い冗談のつもりだった。だがそれが、かがみをここまで怒らせることになるなんて……

「……でも……」
「へ?」
「えぐ……生き返ってくれて……くっ……本当に……良かった……うあぁぁあぁあああ……!!」

かがみの瞳から、滝のように……とまではいかないが、大量の涙が溢れだしてくる
何度拭っても、涙が止まることはない

「……柊……」 

みさおはゆっくりかがみに歩み寄ると、震える身体を力強く抱き締めた
みさおもまた……かがみと同じく、泣いていた

「私もだ……! 私も……柊のとこに帰ってこられて……本当に良かった……!」
「日下部……!!」
「柊……!!」

二人は、お互いの身体を抱き締めながら、日が暮れる泣き続けた
そして涙が止まった時、身体を少しだけ離して相手の目を見つめた

「……っはは……柊の目ぇ真っ赤じゃねぇか……」
「ふふ……日下部だって……おんなじよ……」

涙でくしゃくしゃになりながら、みさおは満面の笑みで言った

「柊」
「なに?」
「……ただいま」
「……おかえり、日下部……」
 
 
 
そして、二人の人生は、再び動きだした

~Fin~
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。