ID:6TGWAsDO氏:君が欲しくて、君がいなくて

――きょうのうちに
  とおくへいってしまうわたくしのいもうとよ
  みぞれがふっておもてはへんにあかるいのだ――
 
 
 
宮沢賢治・著、永訣の朝。死に別れの妹に向けた詩。
国語の授業でそれを読んでいるのは、私の友達。
私の境遇を知ってるその友達は、クラスのみんなは、先生は、さっきから私の方をチラチラ見てくる。
私はというと……肩をふるわせながら、必死に涙を堪えていた。
 
 
 
――死ぬといういまごろになって
  わたくしをいっしょうあかるくするために
  こんなさっぱりした雪のひとわんを
  おまえはわたくしにたのんだのだ
  ありがとうわたくしのけなげないもうとよ
  わたくしもまっすぐにすすんでいくから――
 
 
 
ああ、もう無理だ。
私は声をあげながら、大粒の涙を流していた。
クラスのみんなが、先生がなぐさめてくれたけど、授業が終わるまで涙が止まることはなかった。
 
 



 
『ごめんね、お姉ちゃん……迷惑かけちゃって……』

たった1ヶ月前の出来事だった。

『……私……まだ死にたくない……。お姉ちゃんと一緒にいたい……!』

そりゃあもちろん体調崩す時はあったけど……まさか不治の病だったなんて……

『私は、もう……ダメみたい……だから、お姉ちゃん……私の……ぶんま……で……』

それが、あの子の最期の言葉だった。
 
 



 
家に帰ってきてから、私は久しぶりにあの子の部屋に入った。
私にとって聖域となっていた、もう主のいない部屋に。
当たり前だけど、あの時から何も変わってない。本棚の中身も、ベッドのうえのぬいぐるみも。
ただ一つ……もうこの世に、この部屋の主がいないことを除けば。
ここにいると、あの子の顔が次々と浮かんでくる。
笑ってる顔、ふくれてる顔、泣いてる顔、喜んでる顔……
あの子と過ごした日々が、走馬灯のように流れてくる。
 
 

 
 
一緒にご飯食べたり、一緒に学校行ったり、一緒にお風呂に入ったり……
 
 
『お姉ちゃん、おはよ――』
 
何気ないあの日常が、幸せで溢れていたことに気が付いた。
 
『お姉ちゃーん、教えてほしいトコロが――』
 
だけど、もう遅い。私がお姉ちゃんと呼ばれる日は、もう……
 
 
『お姉ちゃーん――』
 
 

 
気が付いたら、私は床に膝をついて涙を流してた。
床のカーペットには、私の涙で大きなシミができてた。どのくらい長い時間泣いてたのかな……。
 
 
 
ねえ、お願い。

お願いだから帰ってきて。

じゃないと私……淋しさで壊れちゃうよ。
 
 
 
「お願いだから……帰ってきてよ……ゆーちゃん……」
 
 
 
何度そう呟いただろうか。

その願いが叶うことは、永遠にないのに……

 

 

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。