ID:4mnfSq20氏:猫

「…うちはお母さんいないんだ…」
「どうして…?」
「私がすごく小さいころに…」
この何気ない会話から全てが始まった。
すごく小さいころにいなくなってしまった私のお母さん。
私はお母さんの事をよく知らない…。
でもまさか、あんなことが起こるなんて…そのときの私には想像もつかなかった。

それはある日のことだった。
私が買い物に行った帰り、小さな猫に出会った。
猫に会うこと自体は別にどうってことない、しょっちゅう会ってるからだ。

でも…今回は違った。
なぜかその猫はずっと私のほうを見てる。どこか暖かく、懐かしい瞳で。
その時、私はその猫に惹かれていたのかもしれない…。

いかんいかん、早く帰らなきゃ…と足を進めたその時…
「にゃ~」
と声がする。猫が私の後についてきている…。
普段は猫に付きまとわれることなんてない私が、なぜか今回は付きまとわれていた。
一体何者なんだっ!?と思いながら猛ダッシュで家へ急ぐ。

やっとのことで玄関まで辿り着いた。流石にここまでは追ってこないだろうな…。
そう思ったその時だった。

「にゃ~」
…マジですか、猫さん…。
玄関のドアを開けるとお父さんが待っていた。

「おかえり、こなた。買い物ご苦労!」
「お父さん、ちょっといいかな」
「ん?」
「にゃ~」
「おほぉ~、こりゃ可愛い猫だなぁ」
「なんか私の後をついてきちゃったんだけど…」
「そうだな、とりあえず部屋に入れてあげるか」
いいのか父よ。それでいいのか父よ!
そう思いながら私は猫を家に入れてあげることにした。

「ここでゆっくりしてるんだよ」
私は猫を自分の部屋に待たせて、お父さんやゆーちゃんと食事をする。
今日の夕食はこなた特製麻婆豆腐。食卓の話題はあの猫のことでもちきりだった。
余ったらあの猫にも分けてあげるかな。

夕食を済ませた私は、食器を片付けたあと、自分の部屋に戻った。
余った麻婆豆腐を皿に盛って。
「ただいま~、猫ちゃん元気にしてた~?」
と、ドアを開けてみる…。

あれ?…ここで待ってるはずの猫がいない…?
そんなハズはない。窓は全部締め切っているはずだし、逃げだせる訳がない。
でもそれ以上に驚いたのは…

「お、お母さん…?」
猫がいなくなった代わりに、いるはずのない人がいるということだった。
しかも驚いたのはそれだけじゃなく…。

お母さんの頭には猫耳がつき、腰からは尻尾が生え、その手足は青っぽい毛で覆われ肉球がついていた。
そして笑って見せたお母さんの口には…猫特有のキバが生えていた。

「あら、こなたじゃない」
「何やってるの、お母さん…」
「何って…ずっとここにいたのよ。ペロペロ」
顔を洗いながら話すお母さん。呆気にとられる私。
一体お母さんに何があったんだろう?

私はお母さんに聞いてみた。
「お母さん、何でそんなカッコしてるの?」
「…こなた。あなたがものすごく小さいころ、私が死んじゃったってこと、知ってるわよね?」
「…うん」
「でも、こなたのことが心配で、現世に戻ってきたの。…もっとも、人間として戻ることは出来なかった…」
「それで、お母さんは猫に…じゃぁさっきから私の後についてきた猫は…まさか!?」
「ふふふ、そのまさかよ。…それにしてもホント、誰に似たのかしらね」
「えぇ!?」
「いろいろとマニアックなものばかり集めて…毎日遅くまでネトゲー。本当に大丈夫なの?」
「うっ!…それはまぁ、その、何ですな…」
「…でも、家事をしっかりやってくれてるあたり、立派になったのかな…」
「…」
「麻婆豆腐、美味しかったわよ」
「そっか…ありがと」
それから私はしばらくお母さんと話をした。肉球をさわって遊んだりもした。
色々話しているうちに、私は嬉しくなった。お母さんがこうして目の前にいることがとても嬉しかった。

それから数日後。
「…ねぇかがみ、つかさ、今度私の家によってかない?」
「いいけど…えらく唐突ね。何かあったの?」
「ウチは猫がいるんだけどさ」
「へぇ、こなちゃん猫飼ってるんだ~」
「いやいや。飼ってるんじゃなくて、『いる』んだよ~」
あのとき突然、猫になって帰ってきたお母さん。
今日は私の友達に、お母さんを紹介してあげよう。
ビックリするだろうな、2人とも。

「ただいま~」
「あら、お帰りこなた」
「「ねねねねねね、猫が喋ったぁ!!!!」」

              <完>
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。