ID:cCttdc.0氏:ヒトカラ

私はヒトカラが好きだ。
ヒトカラというのは「人から感謝される事をする」という言葉を縮めたもので、私が発明した遊びである。
間違っても、「一人でカラオケをする事」ではない。
今日のヒトカラには、私の親友である永森やまとも参加していた。

「一人カラオケじゃないって言ったのに、結局はカラオケなのね」
「うん。今回は依頼者の希望がカラオケ関係だったからね」

ヒトカラは基本的には他人の意見を聞かずに、こちらのやりたいようにやる。
そのため、お節介だったり、タチの悪い悪戯だと思われがちだ。
しかし何度も巻き込まれた者の間では、これが善意の行いである事は理解されていた。
私の行動がたまには役に立つことも有り、成功した場合には再度やってくれと頼まれる場合すらある。
今日はその依頼が入った第2回目であり、私は嬉しくなって親友を誘ったのだった。

「別に手伝うのはいいんだけど、何をするのよ?」
「歌を聴くだけ。一人でカラオケに行くのが恥ずかしいらしくってさ、私たちは観客として聴くだけだよ」
「……帰っていい?」
「ちょっと、ここまで来てそれはないでしょ。乗りかかった船じゃん」
「泥舟に乗ってしまった事に、早く気づくべきだったわ」

文句を言いながらも、やまとは本気で帰ろうとはしなかった。
そういうところ、私は好きだよ。うん。

「それで依頼者っていうのはどこにいるの?」
「あれー、おっかしいな。店の前で待ち合わせのはずだったんだけど」

周囲を見回した後、やまとは私を睨みつけて言った。
私は携帯電話を取り出して時間を確認するが、既に待ち合わせの時間から十五分は経っている。
これは不味い。非常に不味い。
まさか、依頼が罠だったとは気づかなかった。
新聞や週刊誌の文字を切り抜いて作られた手紙は怪しかったが、こんな事態になるとは予想だにしなかった。
そもそも、やまとを誘った時に、不審な手紙についての相談をするべきだったのだ。
聡明な彼女ならば、手紙の依頼が嘘だと気がつけたものを……。
せめて、誘っていたのがひよりなら、気まずさが軽減されたことだろう。
ひよりには断られてしまったが、しつこく誘ってみるべきだったかもしれない。
私がその後悔を口にすると、やまとはそれまで以上に眉をひそめ、不機嫌さを露わにした。

「私じゃなくて良かったのなら、どうして別の人を連れて来なかったのよ?」
「えっ、違うよ。せっかくの休日に呼び出して、やまとに迷惑をかけちゃったと思っただけで」
「勝手に決め付けないでよ。私はあんたに誘われて、嬉――」
「……うれ?」
「なんでもないわよ。とりあえず、時間が間違ってるかもしれないから、手紙を見せなさいよ」
「う、うん。これがその手紙」
「どれどれ」


一人では恥ずかしくてカラオケ屋に行けず、歌の練習が出来なくて困っています。
緒の切れた下駄のように、みんなの前では勢いを失って歌えないんです。
にぎやかに歌っているところでも、私の番が来ると空気を壊してしまいます。
楽器の演奏などは問題ないのですが、声を出すといつも音程が外れてしまうのです。
しっかり歌おうとするほど、その傾向が強く出ます。
んーと、前置きが長くなりましたが、練習に付き合ってもらえないでしょうか?
できれば、もう一人くらい誰かを誘ってください。
きっと私ばかりが歌い続けると思うので、その間は二人で会話でも。
ていうか、店に出入りする時と、店員がドリンクを持って来る時以外は自由にしていてください。
くだらない頼みごとであるのはわかっていますが、あなたの人柄を見込んでのお願いです。
だから、どうかよろしくお願いします。駅前のカラオケ屋にて、土曜の14:00
さきの大戦では、あなたの援護射撃に命を救われました。
いきて再会できたのも何かの縁ということで。


「最後が意味不明ね。ん、これ縦読みじゃない! 一緒に楽しんできてくださいって、私たち二人に?」
「うーん。そうだろうね。折角だから、カラオケとかどう?」
「……そうね。ここまで来て何もせずに帰るのも、馬鹿みたいだしね」

気が付くと、私たちは笑っていた。
手紙に隠されたメッセージを発見した喜びではない。
喧嘩をして険悪なムードになっても、あっさりと和解をして、こうして笑顔で向き合える。
そんな関係の相手が目の前に居ることが、私にはとても嬉しかった。
もしも、依頼の手紙が無かったら、きっと今頃は私たちは別々に過ごしていただろう。
そう考えると、私は手紙を送ってきた相手に感謝の言葉を伝えたくなった。

「なにやってるのよ、こう。置いてくわよ?」
「今行くよ。っていうか一人で入ったら、寂しい『ヒトカラ』することになるよ?」
「うるさいな。だいたい、紛らわしいからヒトカラって略すのやめなさいよね」
「あはは。まあいいじゃん。それじゃ、今日は久しぶりだし、夜まで歌おうかー!」


…………。

「ふふふ。これが、こーちゃん先輩の言っていたヒトカラ……。病み付きになりそうッス」

電信柱に隠れて二人を見守る謎の影は、ぽつりと呟いて姿を消した。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。