ID:LCR88cSO氏:ヴぁ

 ―教室―

みさお「ヴぁにしんぐとるーぷわぁー」
あやの「それ欠伸?」

みさお「いやぁー、昨日夜遅くまで起きてちゃってさー、眠くてしょーがねーぜ。ふわぁー……んがっ!?」
あやの「どうしたの?」

みさお「口の中に……何か入って……ヴぁ」
あやの「大丈夫?」

みさお「ヴぁ……ヴぁヴぁヴぁ!?」
あやの「え? みさちゃん?」
みさお「ヴぁヴぁ? ヴぁヴぁヴぁ!?」
あやの「もー、みさちゃん? ふざけてるの?」

みさお「ヴぁヴぁっ! ヴぁヴぁヴぁ、ヴぁっ!」
あやの「みさちゃん、もうそれは終わり。普通に喋ってよー」

みさお「…………ヴぁ!」ピコーン

 紙と鉛筆を用意するみさお。

あやの「何書いてるの?」
みさお「ヴぁヴぁ!?」

 紙に書いてあるのは「ヴぁ」だった。

あやの「……もういいよ、一日中そうしてれば?」
みさお「ヴぁ……ヴぁぁぁぁぁ! ヴぁぁぁぁぁぁ!」←泣いてる
あやの「ちょっと……みさちゃん?」

 ざわ……ざわ……


 ―かがみ参戦―

かがみ「ちょっと、何の騒ぎよ」
あやの「あ、柊ちゃん……」
みさお「ヴぁぁぁぁっ! ヴぁぁぁぁぁぁっ!」

かがみ「これ峰岸が泣かしたのか?」
あやの「多分……そうなるのかな? 私もよく分からなくて」

かがみ「よく分からんのか……おーい日下部ー、どうしたー?」
みさお「ヴぁ! ヴぁヴぁー!」
かがみ「日本語で喋れ」
みさお「ヴぁぁぁぁぁぁ!!」

あやの「……もしかして、みさちゃん普通に喋れないの?」
みさお「ヴぁ!」コクコク
かがみ「喋れないって……ホントか? じゃあ何か紙に書いて、」

あやの「これ見て」ピラッ
かがみ「なにこれ?」
あやの「みさちゃんがさっき何か伝えようと書いた物よ」

かがみ「…………ふざけてる訳ではないわよね?」
みさお「ヴぁ」コクコク

かがみ「う~む……とりあえず、保健室に行く?」
あやの「そうね、ここで考えていてもしょうがないし」
みさお「ヴぁ!」


 ―保健室―

かがみ「失礼しまーす」
ふゆき「あら、どうしましたか?」

あやの「かくかくしかじか」
ふゆき「……それは不思議ですね」
みさお「!? ヴぁヴぁヴぁ」
ふゆき「ホントに何を言ってるのか分からないわね」
みさお「…………」


かがみ「いつからこうなったのよ?」
あやの「う~ん、みさちゃんが欠伸をしてからかなぁ?」
みさお「ヴぁ、ヴぁヴぁ、ヴぁヴぁ!」
かがみ「ごめん、何言ってるのかさっぱりだわ」

みさお「ヴぁ!」シュシュシュ

 みさおはジェスチャーをしている。

みさお「ヴぁ~」
かがみ「えーと、欠伸?」
みさお「ヴぁぁー!」
あやの「口の中に何か入った?」
みさお「ヴぁ!? ヴぁ! ヴぁ!」
ふゆき「そしたらヴぁしか喋れなくなった?」

みさお「ヴぁヴぁ」コクコク
三人 「…………」

ふゆき「ちょっと口を開けてみて」
みさお「ヴぁー」

 小型ライトで詮索するふゆき。

かがみ「どうですか?」
ふゆき「……特に異常はなさそうね」
あやの「……」

???「ヴぁーミリオン330ですね」ガラッ

かがみ「そ、その声は!?」
みゆき「お待たせしました。高翌良(笑)みゆきです」

みゆき「orz」
かがみ「おーい、どうしたー?」

みゆき「いえ、私の名前を変換したら(笑)が付いていたもので……」
かがみ「…………」

ふゆき「高翌良(笑)……ごめんなさい、たから…………みゆきちゃんで良いかしら?」
みゆき「それで構いませんよ」ルー

ふゆき「バーミリオン330って何ですか? 初めて聞く病名ですが……」
みゆき「“ヴぁ”ーミリオンです。発音は舌を、」
かがみ「みゆき、それはこの際どーでも良いわ」
みゆき「ですよねー☆」


あやの「私たちすっかり背景ね」
みさお「ヴぁっヴぁヴぁヴぁヴぁ!」



みゆき「ヴぁーミリオン330とは寄生虫の一種で、つまりはそういうことです」
かがみ「は? 説明になってないわよ」
みゆき「寄生虫が今までの行動を引き起こしているということです。説明しなくても分かってください」
かがみ「な……」

ふゆき「治療法等はあります?」
みゆき「その辺はご心配なく……」

みゆき「まずはそうですね……身体中をくすぐって寄生虫を外に出す方法なんてどうでしょう?」
みさお「ヴぁ!?」

かがみ「手っ取り早いしそれで良いだろ」
あやの「そうね♪ さぁみさちゃん……ってあれ?」

かがみ「あ! 逃げた……あいつ……」
あやの「しょうがないわね……みさちゃんは」


 ―みさお視点―

みさお「ヴぁヴぁヴぁヴぁ」

 何を言っているかわからないため止めます^^

みさお「ヴぁ……」


 ―かがみと背景とAIR―

みゆき「!? なんですって!?」

かがみ「ど、どうしたのよ?」
みゆき「大変な電波を受信してしまいました……」
あやの「電波?」

かがみ「いったい何なのよそれは」
みゆき「オチが……この話のオチが思い付かないようです」
あやの「え……」
かがみ「嘘……でしょ? じゃあ日下部は? 日下部はどうなるのよ!!」

みゆき「残念ですが……永遠にあのままかと」
あやの「そんな……みさちゃん……」
かがみ「ふざけないでよ……なんとか出来ないの!?」

みゆき「大丈夫です。次の世界ではこんな事は起きないでしょうから……ヴぁーミリオン330が現れる確率は1/151と言われています。今回は運がなかっただけなのです」
かがみ「みゆき、あんた何言って――」

パアンッ!!

かがみ「あ……?」バタン
あやの「え……?」

みゆき「この世界は終わりです」

パアンッ!

あやの「っ――!」バタン

みゆき「次の世界……次のSSでは良いオチになることを願ってます……」

パアンッ! バタン



BAD END
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。