ID:tAYd9jU0氏:Sleeping tsukasa

つかさ「おやすみぃ・・・」
かがみ「おやすみ!」

次の日
かがみ「つかさー起きなさい!起きなさいって、つかさ、早くしないと!」
つかさは起きない。そんなつかさにかがみが実力行使に出た。
かがみ「もう、起きなさい!」パシン
それでもつかさは起きない。
かがみ「つかさ、つかさ?どうしたのつかさ?お母さん!つかさが様子がおかしいよ!」

病院にて
医者(CV:立木)「娘さんの病気はわかりません。」
みき「わからないって、いったいどういうことですか?」
医者「肉体的には問題がないんです。私たちではどうすることもできません。」
みき「そんな…。」

1年後
みゆき「つかささん、早く元気になってくださいね。」
こなた「つかさ、つかさがいないとさみしいよ。」

10年後
こなた「つかさ、私子どもできたよ。つかさは変わらないね…。」
ゆたか「つかさ先輩…。」

100年後
みさお「柊妹、おまえだけ変わらんな。わしはしわしわ婆さんになってしもうた。
ちびっこも柊もみんなあっちに行きよったしな。残されたのは私だけじゃ。」
ゆたか「日下部先輩…。こっちで休んでください。体にさわりますよ。」

1000年後
つかさ「うぅ~ん。おはよう。」
ゆたか「あ、起きた。やっと…やっと…うわぁああああああああん!」
つかさ「どうしたの?ゆたかちゃん…てゆたかちゃん、身体が!」
ゆたか「さすがにサイボーグでも1000年は難しかったです。
日下部先輩が亡くなって、895年間、私はずっとつかささんを見ていました。
今は、もう上半身しか維持できませんけど、つかさ先輩がいてくれるなら…。」
つかさ「そういえば、他の人たちは?看護婦さんは?」
ゆたか「………人間は、つかささんしかいません。
私の力でつかささんの病室だけ守ったのです。
500年前の戦争で…人間は…。」
つかさ「ええ???」
ゆたか「…あ、そろそろ……私も…………お迎えの……………ようです。」
つかさ「うそ?いやだよぉ!」
ゆたか「耐用年数を……大幅過ぎてますから……。さよ………なら………。」
つかさは廃墟となった病院から出た。
あたりは広大な荒れ地が広がっていた。
つかさ「っていう夢を見た。」
こなた「夢落ちですか、つかささん。」

 

 

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。