「Farewell~自分の想いを~」ID:G0OH0GQo氏

「こなた、ちょっといいか」
「? 何、お父さん」
「とても、大事な話があるんだ」
 そう言ったお父さんは、今までにない、真剣な顔だった。


 ――私は……。


「はぁ……ったく、心配した私が馬鹿だったわ」
「ツンデレかがみん、萌え~」
「ツンデレ言うな!」
「いいじゃぁん」
 全くあんたは。ちょっとぐらい話してくれてもいいんじゃない? まぁ、
「そういうことにしといてあげるわ」


 ――出来るだけ早く、話してよね……。


「私にだって調子の悪いときはあるさ! それとも何、私が調子悪いと槍でも降ると!?」
「そ、そうじゃないけど……」
「実を言うとさ、今やってるゲームが難しくてね~手詰まりで困ってるのさー」
「そうなの?」
「なんなら今度つかさにも貸してあげるよ? 内容は……んふふふふ」
「え、遠慮しとくよー」
 ちょっとだけ、いつものこなちゃんに戻ったかな?


 ――元気出して、こなちゃん……。


「私には何もできないかもしれません……けれど、話すだけでも」
「うん……」
「やはり話せませんか?」
「ごめん」
 でき得ることならば、話を聞いて、共に悩みたい。これは友としてのエゴなのでしょうか。
 あなたの目に映る私は、頼りないですか……?


 ――待っていますよ、泉さん……。


act1/宣告

「嘘……? 引越し?」
「そうだ、仕事の都合でな。パリに行くことになった」
「パリって、そんないきなり……期間はどれくらいなの?」
「二、三年か、場合によってはもっと延びるかも知れん」
「結構……長いね」
「ああ、それで、だ。お前はここに残れ」
「え!?」
「お前はもう一年もしないうちに卒業だ。今、友達と別れるのは辛いだろう」
「でも……」
「ゆーちゃんのこともある。あの子はまだ一年生で越してきたばかりだ。体のことを考えたら、一人暮らしさせるわけにはいかないしな」
「それは……そうかもしれないけど……」
「なぁに、俺は大丈夫だ! 一生会えなくなるわけでもないんだから」
「ん……」
 正直、驚いた。引越しもだけど、それ以上に、お父さんが一人で行くと言ったことに。
 お父さんの性格を考えれば不思議なことじゃない……いつもはっちゃけてるけど、優しくて、愛されてる自信はある。
 確かに、今引っ越すのは辛い。せっかく出来た仲のいい友達と、別れるのは、すごく……辛い。
 私がいなくなったら、ゆーちゃんはどうするんだろう? 実家に戻って……いや、元々陵桜まで遠いってことで、うちに来たんだから、それは難しいかもしれない。
 一人暮らし――は無理だ。お父さんが言ってたように、ゆーちゃんは体が弱い、一人のときに体調が悪くなったら大変だ。
 寮に入ったとしても、ゆーちゃんのことだ、我慢しすぎて、ってこともありうる。
 総合的に考えれば、お父さんの出した答えが最良なのかもしれない……。
 けれど……私がここに残ったら、お父さんは一人だ。そんなことをしたら、お母さんに顔向けできない。
 私は……どうすればいいんだろう……。

 ――その夜、結局私は殆ど寝ることができなかった。誰にも迷惑をかけない、悲しませない。そんなありもしない方法を、ずっと考えていた。
「学校……どうしようかな……」
 休もうか、とも考えたけど、どうせ明日は休みだ。今日は無理にでも行っておこう。


 かがみとつかさ。もし、私がいなくなったら……二人とも、悲しむかな。
「おぉ~い」
「あ、おはよ~こなちゃん」
「おはよーかがみ、つかさ」
「おはよ、って何だまたネトゲで夜更かしかぁ?」
 違うって! まぁ、そう思われる方が都合はいいけどさ、ひどくない?
「んん、まぁ、そんなとこ~」
「全く……いい加減、自制できる様になりなさいよね」
「分かってはいるんだけどねぇ、なかなかやめ辛いものなのだよ」
 実際そうなんだよねぇ、あとちょっと! がなかなか……ってこれじゃそう思われても文句言えないね。日頃の行いって奴?
「はぁ、あんたの将来が心配だわ」
「なんだとぉー! かがみには言われたくないよ」
「なっ!? どういう意味よそれ!」
「あんまりツンツンしてるから、私以外に嫁の貰い手がっ」
「殴るわよ」
「お、お姉ちゃん。もう殴ってるよ……」
「ふぉぉぉぉ。この暴力女め!」
「なんですってぇ……!?」
 拳にオーラを纏い、口からブレスを漏らすかがみを見て、私は全速力で逃げ出す。
「あ、こら待ちなさい!」
「待てといわれて待つ奴はいない!」
「二人とも待ってよー」
 将来……か、ホントどうなるんだろうね……。
 因みに、私のこれから数分先は『教室で二発目を食らう』なのだけど。


 よし、やっと振り切ったみたいだ。
「おはようございます。泉さん」
「あ、おはよう。みゆきさん」
「目が赤いですが、どうかなされたんですか?」
「寝不足でね~気がついたら朝だったよ」
「それは何故?」
「何故って……」
「どうして寝不足なんですか?」
 なんだろう、今日のみゆきさんは嫌に突っ込んでくる。
「ネトゲに夢中になっちゃてね。それだけだよ」
「そうですか?」
「ん……みゆきさん、怒ってる?」
「いえ、何も。泉さん、あまり無理をしないでくださいね。困ったことがあったら、すぐに言ってください」
「……うん。ありがと」
 まさか? いや、特別変な行動した覚えはないし、昨日の今日で知ってるわけも――。
「こなたぁ!?」
「ひぃ!」


act2/心配

「ねぇ、こなちゃん。この頃変だよ? 大丈夫?」
「そぉ? 別になんともないよ」
「私たちともあんまり遊ばないし、その……そういう話もしないし」
 『さっき』同じこと言われたよ。さすが双子。
「つかさは、気にしすぎだよ~」
「だって、気になるよ……」
「むぅ、私にだって調子の悪いときはあるさ! それとも何、私が調子悪いと槍でも降ると!?」
 もう大丈夫、私はいつも通りだから。
「そ、そうじゃないけど……」
「実を言うとさ、今やってるゲームが難しくてね~手詰まりで困ってるのさー」
「そうなの?」
「なんなら今度つかさにも貸してあげるよ? 内容は……んふふふふ」
「え、遠慮しとくよー」
 そう。いつも通り、今まで通りに……。


 放課後、黒井先生に居残るように言われた。理由は『秘密や』だそうだ。
 成績の話とかは勘弁して欲しいなぁ……。
「んじゃ高良、後は頼んだで」
「はい、ありがとうございました」
 そう言うと、先生はスタスタと出て行ってしまった。残るように言ったのは先生なのに?
「どゆこと?」
「泉さんを残ってもらうように先生に頼んだのは私、と言うことです」
「? なんでまた?」
「……泉さん、何か悩みがあるのではありませんか?」
「ないよ」
「言い方を変えましょう。泉さんの悩みはなんですか?」
「変わんなくない?」
「いいえ? あるかないかではなく、泉さんが確かに抱えている悩みの内容を聞いています」
「……いやー、はは。今度パソコンを新しくしようと思っててさ。安い買い物じゃないから、色々――」
「嘘ですね」
「まぁ……ね」
「私には何もできないかもしれません……けれど、話すだけでも」
「うん……」
「やはり話せませんか?」
「ごめん」
「……そうですか、わかりました。でも、時が来たら、必ず話してください。待ってますから」
「ありがとう、みゆきさん……」



「こなた」
「ん?」
「あんたさ、なんかあった?」
 今度は、かがみか……。『こないだ』みゆきさんにも聞かれたっけな。
「何で?」
「何で? じゃないわよ。最近変よ、あんた」
「そうかな?」
「遊びに誘っても断るし、オタクネタも振ってこないしね」
「ひどっ! ていうか私が変なのは元からジャン」
「茶化さないの」
「……実は、ね」
「うん」
「どっちのルート行こうか迷っててさ~!」
「はぁ?」
「今やってるギャルゲでね。ツンデレっ娘とメガネっ娘がいるんだけど」
 だから、心配しないで。私はなんともないから。
「どっちも可愛くてさ~」
「はぁ……ったく、心配した私が馬鹿だったわ」
「ツンデレかがみん、萌え~」
「ツンデレ言うな!」
「いいじゃぁん」
「――るわ」
「え? 何?」
「別に。ほら、いくわよ」
「ちょ、気になるって~」
 決めたから。私は残って、みんなと過ごすから。それならかがみ達も悲しまない、ゆーちゃんだって、ここにいられるんだ。


「お姉ちゃん……入ってもいい?」 
「ゆーちゃん? いいよ、入って~」
「お邪魔します」
 入ってきたゆーちゃんは、いつもとは雰囲気が違っていた。妙にまごまごしている。
「何か、あったの?」
「あのね……引越しのこと……」
「……お父さんから、聞いた?」
「ううん、その……お姉ちゃんたちが話してるところ聞いちゃって」
「そっか……」
 あれから、もう一週間以上は経つ。引越しまであと二週間ちょっと。そろそろ話さないと、だったしね。
「でも、何? 聞いてたなら私が残ることになってるのも知ってるよね?」
「知ってるよ……知ってるけど……本当に、いいの?」
 やめて。
「……何が」
「あの……おじさんについて行かなくていいの?」
 やめてよ。
「……何で?」
「なんでって……」
 せっかく決めたのに。
「おじさんは、お姉ちゃんの大事な」
「だからなんで!!」
 ――ドン! と大きな音が一つ。
「!?」
「そんなの……ゆーちゃんに言われることじゃないよ。残るって言ってるんだから、それでいいでしょ……心配しなくてもゆーちゃんが卒業するまでここにいるよ」
「ち、ちが……」
「何が違うのさ! そりゃお父さんは大事だよ、でも仕方ないでしょ! 私だけの問題じゃないんだから……これ以上困らせないで!」
「っ…」
 ゆーちゃんは部屋を飛び出していった。涙を流しながら。

 ――やって、しまった。机を叩いた手が、痛い。そして、ゆーちゃんの心は、もっと……。
 私、最低だ……八つ当たりして、傷つけて……。
「何、やってるんだろ……」


act3/怒り

「――なた、聞いてんの?」
「あ、何?」
「いい加減にしなさい!」
「っ!?」
「お、お姉ちゃん!」
「落ち着いてください、かがみさん!」
「ご、ごめん。そんな怒らないで」
「はあ!? この前からずっと考え事して、話しかけても上の空。それで怒るなですって!?」
「それは……」
「悩みがあんなら話しなさいよ!」
「でも……かがみには」
「関係ないとでも言いたいわけ!? ふざけんじゃないわよ!」
「かがみさん、皆さん見てますから……」
「どうでもいいわよ、そんなこと!」
 止めに入るみゆきさんと、オロオロするつかさをよそに。たぶん、半泣きの私にかがみは続けた。
「あ、あの……」
「私たち友達じゃなかったの!? 何とか言いなさいよ! こなた!」
「うっ……」
「待ちなさい、こなた!」「泉さん!」「こなちゃん!」
 堪えられなくなった私は、逃げるように教室を出た。
 ゆーちゃんにひどいことした罰かな。かがみに嫌われちゃった……。はは、自業自得だね……。


「かがみさん、お気持ちは分かります。しかし、あまり怒らないであげてください。泉さんにも話せない理由が……」
「そうじゃ、ないわよ」
「どういうこと? お姉ちゃん」
「私が許せないのは……友達が悩んでるのに何も出来ない自分よ……」
「お姉ちゃん……」
 かがみさんは俯いて、言葉を搾り出していました。
「それに、こなたと出会ってから今まで、それなりに関係築いてきたつもりだったけど、全然だったみたいね」
「そんなことは、ないと」
「みゆきも本当は分かってるんでしょ? あいつ、『話せない』んじゃなくて『話さない』のよ」
 そう、感じてはいた。泉さんは『話さない』。つまり、話せる内容ではあるけれど、私たちには話したくないという事。
 信頼を置いていれば……でも、
「でも、だからこそ、ではないでしょうか」
「え?」
「泉さんは、とても優しい方です。だからこそ話したくない。話せないのだと思います」
「それは……まぁ」
「私もそう思う! こなちゃんって意外と責任感強いから、私たちに迷惑かけたくないんじゃないかな?」
「意外に、って……こなたが聞いたら泣くわよ」
「お姉ちゃんがさっき泣かしたよ?」
「ぐ……そ、その迷惑をってのも水臭いのよ。友達なんだから、迷惑ぐらいかけてくれても……」
「ええ、同感です。でも、ここにいる私たちも、自分がそんな立場になったら、泉さんと同じようなことになったと思います」
「そう、ね……」
 こうなってしまっては、泉さんが話してくれるのを待つわけにもいきません。だから、
「お二人とも、私に任せていただけませんか? 放課後、泉さんへお宅へ行こうかと」
「私も行きたいけど……あの後じゃ顔を合わせ辛いわね」
「うん! 私がいくと邪魔になっちゃうだろうから」
「みゆきに任せるわ」「ゆきちゃんに任せるよ!」
 返事を受けて、私は頷く。
「では、そのように」
「邪魔に、って言うのは否定しないんだね」
「え!? 決してそのようなことは! ただ、話の腰を折られてしまう可能性とかですね」
「フーン……」
「で、ですからっ――」


「あ、おかえり、お姉ちゃん」
「ただいま、ゆーちゃん」
 あの日から、私たちは殆ど会話をしていない。今みたいに、ただいまとおかえり、おはようとおやすみ、挨拶だけ……。
 当然、一緒に暮らしていて、お父さんが気付かないはずもない、理由についても。
 そのことで、謝られてしまった。悪いのは、私なのに。
 これが罰だって言うなら、私は……。
 そんな風に考えていたときコンコン、と部屋の扉が叩かれた。
「あの、ゆたかです」
「ゆ、ゆーちゃん?」
「今、高良先輩が……」
「みゆきさん?」
 電話かな。そうつぶやきながら扉を開けたその先にいたのは――。


act4/本心

「本題から言いますね」
「はい」
「泉さん、あなたの悩みを聞かせてください」
「……」
「もう、分かっていますよね。このままでいいんですか?」
「……うん、全部、話すよ」
 私は話した。引越しのこと。こっちに残るよう言われたこと。残るかどうか、悩んでいたこと。
 そして、ゆーちゃんを傷つけたことも。全部。
「パリ、ですか……」
「うん」
「泉さんはどうしたいんですか?」
「私は……残るよ。それならゆーちゃんもここにいられるし、みゆきさん達とも」
「そうではありません。泉さんがどうしたいかを聞いています」
「それって」
「あの時と同じ、似ていても意味は違います。『どうすべきか』、ではなく『どうしたいか』。周りに関係なく、あなたの気持ちを」
 問いかけるみゆきさんの目は、とても澄んでいて、私は、目を合わせていられなかった。
「私……私は……」
「……はっきり言って、今の泉さんは格好悪いです」
「かっこ、悪い?」
「私には、あなたが逃げいるようにしか見えません」
「そ、そんなこと!」
「違うんですか? 口を開けば、小早川さんのため。私やかがみさん、つかささんが悲しむ。そうやって責任を押し付けているだけじゃありませんか」
 違う! そう反論することが、私にはできなかった。
 もちろん、そんなつもりはなかった。なかった、けど……。
 言われて気付く。私は怖かっただけだ。どちらかを選ぶことで、どちらかに嫌われるのが。
「誰かのためだと言うことで、これは仕方ないんだと。自分にもそう言い聞かせていたんじゃありませんか?」
「そう、だね……」
「と、そういう見方もあります」
「え?」
「泉さんの友人である、高良みゆきとしては、嬉しいことです」
 そう言うと、みゆきさんは目を瞑り、静かに、言葉を続けた。
「自分が大変な立場になって、それでも私たちのことを想ってくれる泉さんの優しさが……すごく、嬉しいです」
「優しさなんて……私は……」
「でも私は、泉さんが、自分の想いを隠したまま、悲しみを背負ってしまう事のほうがもっと辛いです。それはきっと、かがみさんたちも同じだと思います」
「みゆきさん……」
「ですから、もう一度、よく考えてみてください。泉さんはどうしたいのか、本当の気持ちを――」


 みゆきさんが帰った後、私はゆーちゃんに謝った。謝りすぎだよ、と少し笑われてしまったけど。
「本当にごめんね、ゆーちゃん」
「もういいよ。お姉ちゃんが悩んでるのも知ってたし、私のことを気にしてくれてるのも知ってたから……」
「……それでね、もう一つ謝ることがあるんだ」
「……おじさんと、行くって決めたんだよね?」
「わかっちゃった?」
「なんとなくだけど、行きたいんじゃないかな、って思ってた。おじさんはお姉ちゃんの大切な家族だもん」
「ゆーちゃんだって、大切な家族だよ!」
「あ、うん。自分で言うのもなんだけど分かってるよ? 私もそうだし……」
「ごめんね、ゆーちゃん」
「謝らないで! お別れするのは寂しいけどお姉ちゃんが決めた事だから、それが一番だよ」
「ありがとう。でも、学校のこととか……」
「大丈夫だよ、そのことも私頑張ってみるから」
「そっか……出来ることあったら、なんでも言って? 絶対力になるから!」
「うん!」
 私が自分の意志で決めたことを、みゆきさんたちにも伝えなければ……!
 かがみは許してくれるだろうか? ……いや、そうじゃない。許されるために謝るんじゃない。
 悪いと思った、その気持ちを伝えるんだ。
 全ては――明日!


act5/告白

 そう決めて、登校したはいいものの、やっぱり落ち着かないもので。
 授業に集中できず、黒井先生の鉄拳を二回ほど食らった。
 みんなには『話があるから』と、放課後残ってくれるように言ってある。
 私は今日、一人でお昼を食べている。いつ以来だろう……、こんなに寂しいものだったっけ?
 色々な事を考えているうちに時間は過ぎ、その時は来た。

「――これが、私が悩んでた理由だよ」
「なんでそんな大事なこと黙ってたのよ馬鹿!」
「そうだよ、こなちゃん!」
「ごめんなさい、馬鹿です……」
「まぁまぁ、お二人とも。それで……決められたんですよね?」
「うん。私……お父さんと一緒に、パリへ行くよ」
 それを聞いたかがみとつかさは、すごく驚いていた。当然と言えば当然だけど。みゆきさんだけは、予想していたのか、落ち着いている。
 つかさなんかはもう、泣き出しちゃって。
「いつ行くのよ?」
「あと十日ぐらい、かな」
「早いわね……」
「あまり、時間がありませんね」
「こなちゃん、ホントにいなくなっちゃうの?」
「うん……ごめん、つかさ」
「うう……ぐす……」
「ほら、あんまり泣かないの」
 そういうかかがみの目にも、涙がたまっていて。私は心が痛んだ。
 でも、それでも、私はお父さんを一人にしたくないから。そう、『私が』
「あのさ、私、欲しいものがあるんだけど、いいかな」
「もちろんよ!」
「ええ、お任せください」
「何でも言って!」
「約束を――」


 十日間で、色々なことがあった。と言っても、今までどおりなんだけど。カラオケに行ったり、映画を見たり、たくさん。
 ただ、一つだけ変わったことがあった。
 それはゆーちゃんが『自分から』、ゆい姉さんに、この家で一緒に暮らして欲しい、と頼んだことだ。
 勿論、私たちは承諾済みで、ゆい姉さんには一緒に頭を下げた。
 曰く『ゆたかのお願いだもん、全然オッケーだよ! どうせ今は一人だしね……』と。後半部分には触れないようにしておこう。

 そして、私たちは旅立った。
 空港で、みんなに見送られながら。泣かないようにって思ってたんだけど、やっぱり泣いちゃった……。


「みんな……またね!」


act6/こなた



 辛い別れ、でも、それは永遠じゃない。



 貰った再会の約束を。



 何年かかってもいい、また四人で。





「さて、と」
「あれ、姉さん? おはよ~」
「おはよう、起こしちゃった?」
「ううん、こんな朝早くどうしたの? 昨日帰ったばかりだし、パーティで疲れてるんじゃ」
「そうなんだけどね。ちょっと、三年越しの約束を果たしに」
「あ……そっか……」
「そゆこと♪」
「行ってらっしゃい、こなた姉さん!」
「うん、いってきます!」

~fin~
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。