「hale-bopp messenger」ID:tedzZcAO氏

―――まだ幼いこなたは、自分がみんなとは少し違う事に気付いた。
幼稚園にはみんなの親が迎えに来る。
その様子をうかがいながらこなたは思っていた。

迎えに来た父そうじろうに、こなたは尋ねる事にした。

「ねぇねぇ、お父さん。私のお母さんはどこにいるの?」―――



―――「泉さん寒くありませんか?ココアをいれてきましたよ。」
「いやあ、ありがとう、みゆきさん。さすがにTシャツじゃあ寒いね」

こなたは自分の体を抱いて、この寒さをアピールする。
温かいココアを受け取り、一口すすると、お腹のそこで熱さを感じた。
想像していたよりも自分の体が冷えていたようで驚いた。
5月もなかばを迎えるというのに、夜の冷え込みは厳しいままだ。
逆に、昼間は夏並みの気温なのだ。そのギャップにこなたは付いて行けていないようだった。

「どうですか?見えますか?」

みゆきはこなたの肩に薄い毛布をかけた。
そして西の空を向いた望遠鏡をのぞき込んだ。
こなたは喜んで毛布を受け取ると、全身にかぶりながら答えた。

「スゴいね!土星の輪っかを生で初めて見たよ!」
「本当に綺麗ですよね。くっきりとリングが見えますよ。
こなたさんも随分と望遠鏡の扱いに慣れてきた様ですね。」

二人でバルコニーから見る土星は、また各段に美しかった。


みゆきは学校で雑談をしていた。
その中の話題の一つで、夜はたまに望遠鏡を使って天体観測をしているのだと、話した事があった。
そうしたところ、食い付いてきたのがこなただった。
普段はゲームやマンガの事ばかりに興味があるこなたが、だ。
それが、まさかの天体に興味があると言うのだ。
みゆきはそれに驚いたが、趣味の共有が出来ると言うのは、喜ばしい事でもある。


早速みゆきは、土曜日にこなたを家に誘い、こうして反射望遠鏡を使わせているのだった。


「この望遠鏡って、どれくらい遠くまで見えるの?」
「どうでしょうね……、それでアンドロメダ銀河を見た事はあります。
私たちが住んでいる銀河系の、外にある天体です。
もっと星空のきれいな場所なら、更に遠くの天体も見えるかもしれませんね。
でも、ここでは街明かりが空を照らしてしまって、暗い天体は見る事ができません」
「そっかあ、そんなに遠くまで見えるんだ……」

こなたは空を見上げた。
確かに都内から見る星は、とてもまばらで数が少ない。―――



―――そうじろうはこなたの純粋な問いに戸惑った。
しかしすぐに笑顔を作り、しゃがんでこなたの目を見つめる。

「いいか、こなた。お前のお母さんはな、お星様になってるんだぞ」
「お星様に?」
「そうだ。とっても高い所から、こなたが元気に育っているのを見てるんだぞ」
「元気に……」―――



―――「泉さんはいつから星が好きになったんですか?」
「うーん……、覚えてない。でも昔っから星をよく見てたんだよ。
小学生くらいの時にさ、大きな彗星が見えなかった?」
「もしかして、ヘール=ボップ彗星の事ですか?
肉眼でも見えた20世紀最大の大彗星ですね」
「うん、それ。あれが原因だったような気がする……
その年の夕方にね、お父さんが私を山に連れて行ったんだ。
それで夜になって、あれがヘール=ボップ彗星だよって、教えてくれたんだよ」
「そうだったんですか。
それはとてもロマンチックだったでしょうね」

こなたはその時の事を思い出そうとしていた。
しかしどうにもハッキリと思い出せない。
何か重要な事を忘れていると、こなたの心の深部がさっきから訴えている。
しかしもう十年近く昔の事だ。

こなたにはそれを思い出せる自信はなかった。

その代わりに、孤独だった小学校時代を思い出してしまった。
みんなと話題が食い違い、どのグループにも馴染めなかった。
クラスメートが友達と二人で帰って行く様子を見るだけで、うらやましいと思ってしまう。
自分の性格もあの頃と変わったのだと、こなたは感じていた。―――



―――1997年4月1日、ヘール=ボップ彗星は近日点を通過した。
太陽に近づいた彗星は最も尾を長く伸ばし、そして最も強く輝いた。

その年の5月、こなたとそうじろうはとある山に来ていた。

そうじろうはニュースで知ったヘール=ボップ彗星の見つけ方を頼りに、夜空を見回していた。
しかしその必要はない。
北西の空には、一等星よりも明るく光る星があった。

こなたは彗星を見つめた。
彗星のダストテイルがぼんやりと見える。

「こなた。あの彗星は今から宇宙に帰って行くんだぞ。
それで二千後に、また地球に近づくんだ」―――



―――みゆきは望遠鏡を覗いている。
こなたは何気なくみゆきの部屋を見た。
机の上にはカーネーションが生けられていた。
その時、明日は母の日であることを、こなたは初めて気が付いた。
こなたには母がいない。
そうだ、あの時もそうだった―――



―――彗星は星の海に帰って行く。
星になった母がいる、あの天の世界に。
こなたは思った。
あの彗星が、私のメッセージを運んでくれるのだろうかと。―――



―――何だっただろう。ふと、こなたは考えた。
彗星に託したメッセージの内容が思い出せない。
ここまで昔の記憶をおこしたのに、それだけがどうしても思い出せない。
今までと違って、思い出せるような気すらしない。

みゆきはこなたを見て、不安になった。
こなたは星を見ている様で、実は更に遠くを見つめている。

星への思いは、こなたにとって特別なものなのだろう。それはわかる。
しかし少し違う。
星を見ていると優しい心になれる。
それはみゆきの兄から聞いた言葉だった。
しかしこなたの顔は少し悲しげなのだ。

「泉さん、来週のいつかの夜は、空いていらっしゃいますか?」

こなたはみゆきの顔を見た。
それは無表情な顔だったが、優しさを蓄えた顔だった。

こなたは、無理をして思い出さなくてもいいのだろうと思った。

「バイトがない日なら空いてるよ」

それはもう過ぎた過去の事なのだ。

「良かった。実は泉さんの誕生パーティーを開こうと考えているんです」

メッセージは思い出せない。
しかしきってあの時とは違うメッセージを、今の自分なら送るだろうと思う。
こなたは無邪気に、みゆきの胸に抱きついた。―――



―――ヘール=ボップ彗星は今、天王星の軌道付近に近づいている。
そして彗星の故郷、オールトの雲にまで到達する。
そこは太陽系の最果て。
太陽系で最も星の海に近い場所。
これから千年もの時間をかけながら、こなたの乗せたメッセージは、今も母に近づこうとしている。―――



―――「私、友達がほしい」―――
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。