ID:xl2vNs.0氏:出来るトコから

(scene 1 こなたのクラス)
こなた「ねえねえ、つかさ。それ何?最近良く持ってるけど」
つかさ「ああ、これ?スタバのボトル♪」
こなた「?」
かがみ「マイボトルってやつよ。持ち歩ける自分専用のマグカップみたいなもん」
こなた「マグカップ・・・って形じゃないよね?口の広い花瓶みたい・・・」
つかさ「うん、上で閉められるの。で飲むときはこういう風に・・・ほら、パカッ、って。
    で、スタバに持って行って、これに入れてもらうと20円引きになるの♪」
みゆき「でも、つかささん、そんなにコーヒー飲まないですよね?」
つかさ「なんか可愛くって、つい買っちゃった♪で、毎日洗ってお茶とかジュースとか入れてきてるの♪」
かがみ「そーそー、結局スタバで使ったのって最初の1回だけw」
こなた「へー・・・そういえばみゆきさんも・・・」
みゆき「ええ♪私の場合は使ったペットボトル洗ってお茶を入れますね・・・こんな感じに♪」
かがみ「だから、カバー外すと緑茶のボトルにハーブティーとか焙じ茶とか入ってたりすんのかw」
みゆき「ボトルと中身を、って気にしたのは最初だけでしたね。今は普通に水のボトルに
    緑茶入れたりしていますw」
こなた「それって、やっぱりエコってやつ?」
みゆき「最初はコンビニエンスストアとかに飲みたいお茶が無い、からでしたが、
    その内持ち歩くのに慣れてきて・・・まあついでにエコ、って感じですね」
つかさ「ゆきちゃん、それすごくよくわかる~♪私も可愛くて持ってる感じ。
    ホント、ついでにエコ、だよね♪」
かがみ「まあつかさにしては続いてる方ね、珍しくw」
つかさ「・・・そ、そんなに珍しいかな・・・?」
こなた「アタシには無理っぽいかな?コンビ二のジュース、おまけのフィギュア目的で買っちゃうww」
つかさ「お姉ちゃんもこなちゃんも一緒にやってみようよ!」
かがみ「また、あんたはすぐそうやって・・・でも出来る範囲ならあたしもやってみようかな?
    ついでにエコってヤツ」
こなた「うーん・・・アタシの性格だと・・・」
みゆき「そんなに難しく考えないでやってみませんか?」
こなた「みゆきさんまで・・・うーん・・・」


(scene 2 下校途中)
こなた「みんな、今日はどこでお茶する?」
みゆき「つかささんのボトルもありますしスターバックスに行きましょうか?」
つかさ「ゆきちゃん、いいよ気を遣わなくて・・・今日はコーヒーって感じじゃないし・・・」
かがみ「じゃあマックにする?」
こなた「賛成!アタシ漫画とDVD買って今月ピンチ・・・100円で色々あるし!」
みゆき「ええ、お任せします」
つかさ「実はちょうど三角チョコパイ食べたかったんだ♪」
かがみ「そのボトルって、ホント一回きりになりそうね、スタバで使うのってww」
つかさ「そ、そ、そんなことないよ、その内行くよ!」


(scene 3 マック店内・レジ)
つかさ「・・・ケイタイクーポンの・・・飲み物はオレンジジュースのSお願いします、
    で、ボトルあるんで・・・えーと・・・これに入れてください」
かがみ「ちょ、ちょっと、つかさ・・・」
こなた「スタバのボトルでしょ?大丈夫なの?」
つかさ「大丈夫ですよね?・・・じゃ、これで・・・ほら♪」
みゆき「つかささん・・・いつもこうしてるんですか?」
つかさ「ううん、最近だよ。最初は店員さんがね、私が持ってるの見つけて
   ”それに入れますか?”って言ってくれたの!自分では考えもしなかった・・・」
こなた「へー、ずいぶん親切な店員さんだね」
つかさ「で、ああ大丈夫なんだ、って・・・。でね?これに入れてもらうと店員さんが
    中身の量のわかんないみたい、カップの時より少し多く入れて貰えるの♪」
こなた「ちょ・・・」
かがみ「あのさ、つかさ・・・店員さんの目の前でそうゆーこと・・・」
つかさ「あ・・・すみません・・・普通でいいです・・・」


(scene 4 マック店内・席)
かがみ「でも、つかさが店員さんとかと積極的にコミュニケーションとってる、って何か新鮮。いいことだ」
つかさ「そっかな・・・今日は皆いたから・・・一人だとやっぱまだ恥ずかしいし・・・」
こなた「今日初めてつかさのことカッコイイ!って思った!」
つかさ「えー?こなちゃんまで・・・」
みゆき「自然に出来るようになれれば、もっと素敵ですよ?」
つかさ「かっこいい、とか、素敵、って言われたこと無いから・・・へへ・・・ちょっと照れる・・・」
かがみ「よーし!あたしも買うか、マイボトル。つかさ、一緒にやろう!」
つかさ「ホント?お姉ちゃん、ありがとう!」
みゆき「そうですね・・・私も買いましょう。ペットボトルもマイボトルも変わりませんし」
かがみ「入れる中身気にしなくていいしね♪」
こなた「かがみとみゆきさんまで・・・じゃああたしも!明日皆でスタバ行こう!」
つかさ「すごーい!みんなありがとう!」


(scene 5 こなたクラス)
つかさ「ゆきちゃん、今日は何入れてきたの?」
みゆき「私は、アイスティーに庭に植えてるミントを少し入れてみました」
こなた「へー、みゆきさんらしいね。”ザ・お金持ち”って感じ」
みゆき「そんな・・・泉さんは何を?」
こなた「アタシは前に買った500mlペットのジュース詰めて入れてきた」
つかさ「こなちゃん・・・それって・・・」
こなた「フィギュア、コンプしたからまだ一杯家にあるんだww
    皆で買ったのにアタシだけ持ってないって変じゃん?」
かがみ「でも、こなた?それじゃ、あんまエコになってないよww」
みゆき「まあ泉さんらしいと言えばらしいですよね。かがみさんとつかささんは何を入れてきたんですか」
かがみ「え?ああ・・・あたし達は麦茶よ。冷蔵庫にあったやつ・・・」
こなた「ってことは、お弁当も今日はかがみが当番?」
かがみ「そうよ・・・どうせ、アタシはそうゆうの苦手よ」
こなた「つかさの時はミルクティーとかカプチーノとか凝ってるよね」
つかさ「おねえちゃん、大丈夫だよ?私、今日はすっきりしたの飲みたかったの」
かがみ「そうよ、それにあれだとお菓子食べたくなっちゃうから・・・
    あ、嫌とかそういう意味じゃないわよ?つかさのミルクティー美味しいし・・・
    たまには麦茶でもいっか、ってね?」
つかさ「えへへ、ありがとう♪私もお姉ちゃんの麦茶大好きだよ?」
こなた「あのさ・・・それって多分かがみが作ったんじゃ無いんじゃない・・・?」
つかさ「あ・・・作ってるのお母さんだった・・・ごめん・・・」
かがみ「・・・いいのよ、つかさ・・・」


(scene 6 下校途中・公園)
かがみ「何か最近さ、財布に余裕あるのよね」
こなた「かがみん宝くじでも当たったの?」
かがみ「そーゆーコトじゃなくてさ、ほら学校来る前とかにコンビニとかで
    飲み物買わなくなったじゃない?」
こなた「あたしも確かに・・・コンビ二に前ほど行かなくなったな。でもその分買う漫画の数増えたけどww
    かがみんもその内に、そのお金がお菓子になり体に蓄積・・・」
かがみ「うるさいっ!」
つかさ「でも皆でマイボトルだから、天気がいい日は今日みたいに公園でお茶してるよね?」
みゆき「そうですね・・・外で飲むお茶も気持ち良いですね」
こなた「でもその内しなくなるよ、きっと」
かがみ「こなた~?少しでも一緒に続けようよ?外のお茶結構楽しいし、ね?」
こなた「いやいや、かがみん?ここは埼玉・・・」
かがみ「?」
こなた「日本で一番暑いってこと忘れてる?」
かがみ「あ・・・」
こなた「朝入れてきた冷た~いミルクティーが体温以上に温まり・・・」
つかさ「それはちょっと・・・」
こなた「それを、あの日差し、摂氏40度の中で飲むなんて耐えられる?ねえ耐えられるぅ~?」
かがみ「・・・想像したら気持ち悪くなってきた・・・」
みゆき「確かに夏はちょっと・・・」
つかさ「・・・私も無理かも・・・せっかく持ってきても温くなっちゃうと・・・ね」
こなた「つかさは大丈夫!もし温くなってもさ、マック行って氷だけ入れてもらえば良いじゃん?
    ほら、前みたいに店員さんに頼んでww」
つかさ「えー!?何も買わないのに・・・出来ないよぉ・・・」
こなた「へーきへーき!ほらほら、カッコイイ女の子目指して♪」
かがみ「・・・それはカッコよくないだろ・・・」
みゆき「・・・単に図々しい、とも言いますね・・・」

おしまい
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。