ID:W5NH0kg0氏:戦いの儀~こなたVSかなた~

かなた「私のターン、ブラックマジシャンで攻撃!」
そうじろう「これで…決まったな…。」
こなた「(まだだよ・・・お母さん!)リバースカードオープン!マジシャンズサークル!
私はデッキからサイレント・マジシャンLv0を特殊召喚するよ!」
かなた「こなた・・・そのカードで私もマジシャンを呼び出していいのね?
私はブラックマジシャンガールを特殊召喚するわ!そして・・・ブラックマジシャンの攻撃が再び始まるわ!」
こなた「(まだだ・・・私はこの戦いでお母さんに勝つと誓ったんだから!)リバースカードオープン!魔法の教科書!」

みゆき「…泉さん、賭けに出ましたね…。」
つかさ「ゆきちゃん、どういうこと?」
みゆき「このカードは手札をすべて捨てて発動するカードで、1枚ドローして魔法カードなら速効で発動できるのですが…。」
かがみ「来なければ手札をただ捨てただけになるし、それにブラックマジシャンの攻撃が貫通してこなたは…。」

こなた「私は手札をすべて捨ててカードをドロー!(お願い!来て!)…!引いた!魔法カード発動!天よりの宝札!
互いのプレイヤーは手札が6枚になるまでカードをドローするよ!お母さん、何枚引いた?」
かなた「私がドローしたカード枚数は5枚よ…。」
こなた「これにより、サイレント・マジシャンはLv5にランクアップするよ!」

みさお「すげぇ!ブラックマジシャンを上回ったぜ!」
ゆかり「ブラックマジシャンの攻撃力はブラックスピア装着で2800。サイレント・マジシャンLv5の攻撃力は3500。
そしてかなたさんのLPは700。この攻撃が通ったらこなたちゃんが勝つわ。」
いのり「でも、かなたさんは魂の存在とは言え、戦いの神。そう簡単には…。」

こなた「そして…ブラックマジシャンの攻撃は…続行されるよ!」
かなた「まだよ!トラップカード発動!マジシャンズクロス!このカードは2体以上の魔法使い族モンスターが
自分の場に存在する場合にのみ発動できるわ!その2体のモンスターを攻撃力3000のモンスター1体として扱うわ!」
こなた「それでもサイレント・マジシャンLv5の勝ちだよ!マジシャン師弟、撃破!」

まつり「かなたさんも耐えたわね…。」
ななこ「でもまだや。この状況からでもかなたさんなら…。」
パティ「それより、あの聖櫃に封印されたカードが気になりマス。」
ひより「あの中には…まさか…」

かなた「ふふふ、こなた…強くなったわね。でも、まだよ!
さっきの天よりの宝札で私も逆転のカードを引いたわ!」

こう「やっぱり!」
みなみ「この状況を打開するカードは…1枚しかない。」
ゆたか「あれ…だね…。」
あやの「泉ちゃん…。」

かなた「私は魔法カード、死者蘇生を発動するわ!」

ただお「やはりそうか!蘇らせるのは…おそらく…。」

かなた「私は神、オシリスの天空竜を蘇らせるわ!」
こなた「ちょーっと待ったぁ!その瞬間!封印されたカードの正体をばらすよ!
そのカードは…死者蘇生!」

ひかり「…やはりな。」
ふゆき「…そうでしたか。」
あきら「でも、このカードって泉さんにも有利になるはずのカードでしょ?どうして…。」
みき「これは、泉さんからお母さんへのメッセージなのよ。『死者はこの世をさまよってはならない。』ってね。」

こなた「これにより…死者蘇生は無効となって…オシリスは消滅する!」
かなた「…ターンエンドよ…。さぁ、こなた、攻撃しなさい!」
こなた「お母さん…ぐすっ…私のターン…ぐすっ…ドロー!サイレント・マジシャンLv5で…お母さんを…
ダイレクト……アタックうううううぁああああああああああああああああ!!!」

かなた:LP200→0

こなた「…お母さぁん…。」
かなた「こなた、泣かないの。勝ったんでしょう。勝者が泣いてどうするのよ…。」
こなた「だって…お母さんは…今まで私の…。」
かなた「でもね、こなた。親はいつかは子供に抜かれるのよ。覚悟してたわ。」
こなた「…お母さん…。」

みき「ウィジャが戦いを見極めました!さあ、かなたさん…。」
かなた「私の名は…泉かなた!」

ウィジャの扉が開き、そこにかなたが行こうとする。

そうじろう「かなた!」
かなた「何?そう君?」
そうじろう「なんでいってしまうんだよ!こなたにとりついていた状態でも、楽しかったんだぞ。
なのに、どうしてだ!どうして独りだけ…。また俺はおいてけぼりか!こんなの…あんまりだあ!」
ななこ「泉さん、それでいいんですよ…だから、みんなかなたさんのこと忘れないように、
風化しないように、死んでも消えないように一生懸命心に刻むんです…うっ…。」
かなた「じゃあね…そう君、こなた…そして、みんな。」

かなたがウィジャの扉の向こうに去り、扉が閉ざされた。
瞬間、神殿が崩壊する。

みき「この神殿は役目を終えました。逃げましょう。」
そうじろう「いやだ!俺は…かなたのとこに行く…うっ、くはっ…!!」
白石「…すみません。そうじろうさん…。あきら様、こっちです!」

全員が逃げ、神殿は崩壊した。

かがみ「ねぇ、この壊れた神殿を見てたら、今までのことはすべて幻だったんじゃないかって…」
つかさ「本当は…かなたさんなんか…」
こなた「……幻じゃないよ!……お母さんはいるよ…。」
みゆき「ええ、かなたさんは…みなさんの心の中に…。」

End
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。