ID:ZxiMmk.0氏人間の証明

「それじゃぁゆたか、行ってくるねー」
いつものように仕事に出て行くゆいお姉ちゃん。
といっても最近は高速機動隊の仕事が忙しくて、帰ってくるのは大体3日に一度くらいなんですが。
「いってらっしゃーい!」
元気に手を振り返す私。ゆいお姉ちゃん、頑張ってね。

さて、私はというと。
まずはお腹のハッチを開けてコンディションチェック。
この前はハサミが刺さって体を壊しちゃったから、周りにものがないか確かめて。
…うん、今日も問題ないみたい。ハッチを閉じて、着替え着替えっと。

今日は晴れ。絶好のお出かけ日和です。
お気に入りのバッグをさげて、元気よく飛び出す私。
この体になってから、遠出するのも平気になりました。
そんなある日のこと、道端で倒れている子供を見つけました。

「…!大丈夫!?しっかりして!」
「うぅ…」
すぐに身体を起こしてあげました。どうやら転んですりむいてしまったようです。
私はバッグの中から消毒薬とばんそう膏を取り出して、その子の膝を手当てしてあげました。

「…お、お姉ちゃん?」
「もう大丈夫だよ。…ところでどうして転んじゃったの?」
「…私の犬が…タロが逃げちゃって…追いかけてたんだけど…えぐっ…」
それは大変です。私はその子にタロちゃんの特徴を聞いて、探してあげることにしました。


「タロー!…タロー!」
「タロちゃーん!」
「くぅ…ん」
「いた、あそこの木の上だよ!」
「タロ!」
「くぅん…」
「どうしよう、降りられないみたい…」
「私に任せて!」

私は木の上に登って、タロちゃんを助けてあげることにしました。
もう少し…もう少し前に出なきゃ…やった!届いた…!

そう思っていたその時でした。
突然木の枝が折れて私とタロちゃんはまっ逆さま。
私は咄嗟に身体を捻ってタロちゃんが傷付かないようにしました。

「わん!わん!!」
「タロ!よかったぁ…タロ…!」
「きゅーん、きゅーん…」
「いたたた…」
「お姉ちゃん、ありが…」
お礼を言おうとしたその子の顔が、一瞬凍りついたような気がしました。
「あっ…」
「お、お姉ちゃん…首が…」
「あわわわわ…ちょ、ちょっと待って」

慌てふためいて頭を元に戻す私でしたが、次にその子が発した言葉は衝撃的なものでした。
「お姉ちゃんって、ロボットなの?」
「え………?」
「だって人間ならあんな風に首が曲がったりしないもん」
「た、確かにそうだけど……」
「でもタロが助かってよかった。ありがと、ロボットのお姉ちゃん」
……違うんだけど……orz
でもまぁ、そう見えても仕方ないですよね……

「あの、私一応人間だから…」
「えー!?どこから見てもロボットだよー」
「ううん、違うの。サイボーグって言って、頭の中身は人間なんだよ」
「ふぅん…へんなの」

………変ってあのねぇ………
なんだか一気に力が抜けてしまいました。私って本当に人間なんでしょうか…。

困り果てた私は、こなたお姉ちゃんに相談することにしました。
「ん?…ゆーちゃん、どうしたの?」
「こなたお姉ちゃん…私ね…」

私はこなたお姉ちゃんに胸のうちを全て話しました。
「私…子供に『ロボット』って言われたの…」
「まさか!…子供にそれを言われるなんてきついよねぇ、ゆーちゃんだって人間なのに…」
「それでね…ちょっと思ったんだ…」
「?」

「なんで私はサイボーグなんだろうって」
「!!」
さっきまでニコニコしていたこなたお姉ちゃんの顔が一瞬、険しくなりました。
「だって考えてみて?今の私は腕も顔も胸も全部機械仕掛け。しかも脳まで手が入れられて…こんな身体で…私が一体何なのか…時々わからなくなる…」
「ゆーちゃん!落ち着いて…」
「なんでこんな中途半端な身体になったのか…いっそ、いっそのことロボットにしてくれればよかったのに!」
私は思わず言ってしまいました。自分の本音を…。
「…ゆーちゃん!!」
「いっそ全部ロボットになってれば、こんな風に悩むことなんて…」

――パンッ
え………?
乾いた音が私の頬から響きました。
いつもは優しいこなたお姉ちゃん。そんなこなたお姉ちゃんが私を叩いた…。
それは普段見ない、ちょっと怖い顔。だけどその目はどこか、悲しくて…。
「……ちゃだめだよ」
「?」
「そんな簡単にそんなこと言っちゃ駄目だよ!ゆーちゃんはゆーちゃんなんだよ!例え血が通ってない身体でもね、ゆーちゃんは人間なの!生きてるんだよ!」
こなたお姉ちゃんは泣いていました。
「人間だから悩むこともあるし、そりゃ苦しむことだってあるよ!…嬉しいこともある、悲しいことも辛いこともみんな…!機械の身体だからって何さ…ゆーちゃんだって立派な人間なんだよ?」
「…お姉ちゃん……」
「簡単に諦めちゃ…うぇぐ…駄目だよ……ゆーちゃんがロボットになっちゃったら……私たちのことを…忘れちゃったら……ひっく……私……私……!」
「うぅ…お…ねぇ……ちゃ……ごめんね…ごめんね……!」
そして私たちは泣きました。互いに抱き合い、涙を流して、ひたすらに…。

「うわぁぁぁぁぁあ!ゆぅちゃぁぁぁぁぁん!!」
「お姉ちゃん……お姉ちゃん!うわぁぁぁぁん!」

――ガチャ
「ただいまー、こなた、ゆーちゃん、今日は仙台のお土産をだなー」
「「……ぇ?」」
「ぬおっ!?」
おじさんが驚いたのも無理はないでしょう。
私たち二人が涙の後を浮かべて抱きあっていたんですから。
「そうか…こなたもゆーちゃんもそんな趣味が…」
「ちょ、お父さん、なんて所に…」
「ち、違うんです叔父さん、これは…」
「俺は猛烈に感動しているゥゥゥゥゥゥ!!!」

相変わらずなおじさんの姿を見てると、急に笑いがこみ上げてきました。
さっきの悩みなんて、意外とちっぽけだったのかもしれません。
「ちょ、お父さん何勝手に男泣きしてるの!」
「あはは…なんかどうでもよくなってきちゃった」
「でしょ?ゆーちゃん、生きてるからこうして笑うことも出来るんだよ」

数日後。
私はコンビニのアルバイトの帰り、いつだかの女の子に出会いました。
「あ、あなたは!」
「あ、この間のロボットのおねーちゃん!」
……だから、ロボットじゃないのに……orz

 <オワリ>

 

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。