ID:IokxDns0氏 サイバー☆ゆーちゃん~小早川ゆたかの危機~

「メイン動力システム…駆動系…冷却系…神経回路系統…」

ある休日。その日、私は自分の身体の点検をしていました。
基本はメンテナンスフリーのこの身体…なんですが、
いざという時にちゃんと動くかどうか、ちゃんとチェックしないと不安で不安で…。
とにかく、そんなわけで週に一度はこうしているってわけです…。

ふぅ…ちょっと腕の握力が強いかも。
私はお腹のカバーを開けて出力レベルの調整を始めました。
確かにバトルのときには役に立つけど、あんまり力が強すぎるとまともな生活が出来なくなっちゃうしね。
この間なんか握力が強すぎて、卵を持とうとして割っちゃったからなぁ…うぅっ。
本当、新品の身体だから、早く慣れなくっちゃ…。

そうして出力調整をしていたその時、突然地震がきました。
私は急いで机の下に身を隠そうとしたんだけど…。

――ガッ…ブチッ!

「…っ!」
急にお腹に何かが突き刺さった間隔と、激しい電撃が走りました。
机の上においてあったハサミが、お腹の中の配線に刺さったのです。
…早く抜かなきゃ……でも、異常電圧が身体に流れているせいで思うように手が動きません。
そうしている間にも、電流は容赦無く私を襲います。

「あぐぅっ…くぅ…痛い…痛いよぉ…」
痛みとシステムエラーで動けない私。このままじゃ…このままじゃ…私は…

そうだ…『脱出システム』を使えば、何とか記憶は守れるかも…
さっそく私は脱出システムへのアクセスを図りました。

…だけど、次の瞬間、私の頭を電撃が襲います。
電流が逆流して…アクセスが…できない…!?

…いや、まだ手はある…操作盤の赤いボタン、これを押せば作動するはず…
動いて…せめて、左腕だけでも…。

私は渾身の力を込めて左腕を動かそうとしました。
電撃のせいで何度か弾かれそうになるけど…それでも、必死に動かしました。
…あと少し……あと少しで……。
そう…あと少し…で、スイッチに届くと思ったその時でした。

――バチィッ!

あ………?
そんな……もう少し……もう少シ…なの…ニ……。
助けテ…意識が……遠のイ…テ……。

私は…最後の賭けニ…でマした……。
後ろニある本ニ……首を、当てレば……電源が、落チテ、止まル、ハず…。

私は…一気ニ、体、を…後ろニ…倒しマしタ。
これでスイッチが切れ…電源ガ…落ち…テ…。
最後ニ、わたシハ…こなたお姉ちャんノ、携帯ニ、めっせーじヲ……オクリマシタ……。

『コナタ…オネエチャン……タ・ス…ケ……テ…………』

――CYBernetic ORGanism System U-588"YUTAKA"
――System Down…Power Off

 

~こなた視点~
携帯にゆーちゃんからの緊急メッセージを受け取った私は、
急いで車を走らせ、ゆーちゃんが留守番をしている泉家に急いだ。
今回はひよりんと一緒にコーヒーを飲みながらマンガの打ち合わせをしていたのだが、
状況が状況だけに、それどころではなくなってしまった。
…お願い、間に合って…間に合って…ッ!!

「ゆーちゃん!?」
「小早川さん!!」
私が家に着いたころには、ゆーちゃんは全身から煙を噴き上げ…そのお腹にはハサミが刺さっていた。
電源は…自分で体を倒して切ったのだろう、目の前で虚ろな目をしていてピクリとも動かない。
…私は、ゆーちゃんの頭を急いで外すことにした。
そして、ゆーちゃんの後頭部に隠されている充電コードをコンセントに差し込んであげた。

 

~再びゆたか視点~
「ゆーちゃん!しっかりしてよ、ゆーちゃん!」
「…あ、こなたお姉ちゃん…それに……田村さん…」
「よかったぁ…気がついたんスね…」
「いやぁ、一時はどうなることかと思ったよ。ゆーちゃん、大丈夫?」
「うん…なんとか記憶は守れたけど……」
私は目に涙を浮かべて言いました。
「ごめんなさい…身体…壊しちゃった……」
「こ、小早川さんは悪くないよ、地震があったんなら仕方ないよ」
「そうだよ、ゆーちゃんが謝ることなんてないよ」
「でも…でも……」

次から次へと涙がこぼれて止まりません。
そんな私を心配そうに見つめるお姉ちゃんと田村さん。
でも、お姉ちゃんは溜息をついたあと、私に話し掛けてくれました。

「ゆーちゃん。身体が壊れたぐらいで落ち込むことなんてないよ。ゆーちゃんは心を…自分の心を守りきったじゃん。それでいいんだよ」
「私の、心……」
「そうだよ、ゆーちゃんには心がある。人間の心がね。どんなに機械の身体でも、ゆーちゃんには本物の心があるんだよ。ゆーちゃんが、ゆーちゃんだっていう証拠がね」

…しばらくして私は…また泣き出してしまいました。
だけど今度は悲しみの涙じゃない。それは…嬉し涙でした。
「うわぁぁぁぁん!お姉ちゃん、田村さん…ありがとう、ありがとう…」
「ちょ、ちょっ…小早川さん!?」
「よしよし、身体の方はすぐ修理してあげるから、安心してくれたまへ~」

……そう、私はサイボーグ。
身体は確かに冷たい機械の塊かもしれません。
だけど、私のその身体の中には…本当の心があるんです。
私が私だっていう、唯一の証拠が……。

                           <おわり>

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。